スクーデリア・トロ・ロッソ ホンダF1 フランツ・トスト
トロ・ロッソのチーム代表フランツ・トストは、ホンダのワークスパワーユニットを搭載する2018年のF1シーズンを楽しみにしていると語る。

マクラーレンは、3シーズン結果が出なかったホンダとのパートナーシップを今シーズン末で解消し、2018年からルノーのカスタマーユニットを搭載することを決断。

その煽りを受けたという表現は正しくないかもしれないが、現在ルノーのパワーユニットを搭載しているトロ・ロッソは、マクラーレンのためにルノーのカスタマー枠を空けるかたちとなり、2018年からホンダのパワーユニットを搭載することになった。

しかし、フランツ・トストは、トロ・ロッソは実際には現在サプライヤーであるルノーとの状況を楽しんでいるわけではないと語る。

「いずれにせよ、さらに多くの問題を抱えることにはならないだろう。我々は毎週末パワーユニットを交換しているからね」とフランツ・トストは述べた。

フランツ・トストは、ルノーとの契約を終わらせるために莫大な時間を費やしたと主張。実際、トロ・ロッソは代償としてカルロス・サインツをルノーに提供することになった。

「契約を解消するために我々はルノーに何かを与えなければならなかった」

「その代償がカルロス・サインツだった。彼のスピードによってね。我々は彼が我々にとって大きな脅威であることを重々承知していた。彼は我々のポイントの対文を獲得していたからね。その一方で、彼は今ルノーにいる」

本来であれば2018年に移籍するはずだったカルロス・サインツをシーズン中に失ったトロ・ロッソは、もう一人のドライバーだったダニール・クビアトを成績不振により解雇した。

トロ・ロッソは、今シーズン終了までドライバーを務めることになったWECチャンピンのブレンドン・ハートレーとGP2チャンピオンのピエール・ガスリーという完全に新しく意欲的なドライバーラインナップに満足しており、二人は2018年のトロ・ロッソ・ホンダのドライバーを務める可能性が高いとみられている。

そして、フランツ・トストは、2018年にマクラーレンが拒否したエンジンパートナーであるホンダのパワーユニットを搭載することを心配さえしていないと語る。

「彼らにはまた冬の期間があるし、現在抱えている問題を解決する可能性がある」とフランツ・トストはコメント。

「トロ・ロッソとして、我々は彼らと働く唯一のチームだ。それは大きなアドバンテージになると思う」

「これまで我々が行ったすべてのミーティングがかあんり有望だった」

「ホンダのパワーユニットは来年トロ・ロッソが非常に強く、競争的なチームになることに役立つと確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トロ・ロッソ | ホンダ