スクーデリア・トロ・ロッソ アメリカグランプリ ダニール・クビアト ブレンドン・ハートレイ
トロ・ロッソは、F1アメリカグランプリの決勝でダニール・クビアトが10位、ブレンドン・ハートレーは13位でレースを終えた。

ダニール・クビアト (10位)
「確実にシーズンのベストレースだ! 結果にとても満足しているし、ポイントを獲得するためにできることはすべてやった。本当に他の員だし、とてもクリーンで楽しいレースだった。チーム全体として良い仕事ができた」

「限られた走行のなか一勝にそれを保って、そのなかでポイントを獲得することができた。マッサからポジションを守れなかったのは残念だけど、僕のソフトタイヤはグリッドが低くなっていたし、エネルギーのデプロイメントに問題があってストレートスピードが落ちていた。新鮮な気持ちでここに来たし、僕たちは全員に新たなモチベーションと新しい焦点を与えるためにチーム内のいくつかのことをシャフルした。今週末はすべてが素晴らしく機能したし、とにかく素晴らしいレースだった」

ブレンドン・ハートレー (13位)
「タフではあったけど、素晴らしいデビュー戦だった! ようやく全てを実感してきているし、今夜ベットに入って、目を閉じて、全てを処理できないだろう・・・スタンディングスタートはベストではなかったけど、しばやくやっていなかったからね! その後は多くのバトルができたし、自分のレースには満足している。ペースはかなり強かった。特に最後はね。唯一の小さなミスは、レースの4分の1のところでストロールに抜かれてしまったことだ。彼を抜き返すことができなかったし、抑えられてしまった。たくさんの課題があったし、学ぶこともたくさんあった。この経験を実践するためにもう一度チャンスを得られることを願っているよ! このレース週末の全ての瞬間を楽しんだし、チーム全体に感謝したい。素晴らしかったよ!」

関連:F1アメリカグランプリ 結果:ルイス・ハミルトンが今季9勝目

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トロ・ロッソ | F1アメリカGP