エイドリアン・スーティル
エイドリアン・スーティルは、裁判に証人として出廷することを拒んだ旧友ルイス・ハミルトンに怒りを露わにした。

エイドリアン・スーティルは、ロータスの共同オーナーであるエリック・ルクスへの暴行事件に対する裁判で、執行猶予付き懲役1年6ヶ月と罰金20万ユーロ(約2000万円)の有罪判決を下された。

ルイス・ハミルトンは、事件時にエイドリアン・スーティルのそばに座っていたが、証人としての出廷を拒み、代わりに乱闘の詳細は覚えていないとの声明文をミュンヘンの法廷へ送付した。

エイドリアン・スーティルは「ルイスは臆病者だ」と Bild にコメント。

「そのような男とは友達ではいたくない。もっと言えば、彼は男ではない。彼の父親は、審理での幸運を祈るとテキストメッセージを送ってくれた。彼は電話番号を変えさえした。僕は彼と連絡を取ることができなかった」

エイドリアン・スーティルのマネージャーを務めるマンフレッド・ジマーマンは、今回の判決がF1レースのために必要なFIAスーパーライセンスに影響することはないと主張している。

しかし、マンフレッド・ジマーマンは、エイドリアン・スーティルが2012年のF1グリッドに並ぶのは「ほぼ不可能だ」と認めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: エイドリアン・スーティル | ルイス・ハミルトン