エイドリアン・スーティルの2009年07月のF1情報を一覧表示します。

エイドリアン・スーティル (F1ハンガリーGPプレビュー)

2009年7月22日
エイドリアン・スーティル
エイドリアン・スーティルが、F1ハンガリーGPへの意気込みを語った。

ドイツでは非常に有望な週末を過ごしましたね。あなたの意見はどうですか?
フリープラクティスから僕たちは良い仕事をしていたし、マシンがうまく機能しているのがわかった。予選は本当に良かったし、今年これまでのベストパフォーマンスだった。残念なのはレースでの事故だけだ。特に第1スティントのペースは良かったし、上位で戦うのは違ったタイプの経験だったね。ずっとプッシュしなければならないし、とても接近してポジションを争う必要がある。それがクラッシュの原因のひとつだ。プッシュしなければ、ポジションをくぐに失っていただろう。でも、今は元気だし、その場面を観て、そこから学んだ。進まなきゃね。

ライコネンとスーティルにお咎めなし (F1ドイツGP)

2009年7月13日
接触したスーティルとライコネン
スチュワードは、ドイツGPでのキミ・ライコネン(フェラーリ)とエイドリアン・スーティル(フォース・インディア)の接触をレーシングインシデントと判断。彼らは処罰を免れた。

スーティルの1回目のピットストップ後、ライコネンとスーティルは1コーナーでポジション争いを行い接触。ポイントフィニッシュが期待されていたスーティルは、フロントウイングを破損し、ピットストップを余儀なくされた。

この件はレース後の審議対象となっていたが、両ドライバーはお互いにレース事故だと考えており、スチュワードもそれに同意した。

フォース・インディア:スーティルがチーム初のQ3進出 (F1ドイツGP予選)

2009年7月12日
フォース・インディア F1 ドイツGP 予選
フォース・インディアは、F1ドイツGPの予選で、エイドリアン・スーティルが7番手、ジャンカルロ・フィジケラが18番手。スーティルがフォース・インディアに、チーム初のQ3進出をもたらした。

エイドリアン・スーティル (7番手)
「本当にハッピーだ。間違いなく、今日F1で最も幸せな一人だと思うよ!ホームレースだし、F1でこれまでの最高の予選ポジションだ。素晴らしい予選だった。天候はとてもトリッキーだったけど、特にQ2で雨が降ったときなど、僕たちの決断はとても良かった。ドライタイヤでいくというリスクをとり、みんなより早くラップを行って3番手タイムを出すことができた。最終的にQ3の燃料搭載量でも本当にうまくいって、7番手に入れた。チームのみんなのためにもとても満足している。僕たちは先月、本当に一生懸命に作業していた。あとはポイントを獲るだけだね!」

エイドリアン・スーティル (F1ドイツGPプレビュー)

2009年7月6日
エイドリアン・スーティル (フォース・インディア)
エイドリアン・スーティルが、F1ドイツGPへの意気込みを語った。

シーズンはちょうど折り返し地点です。これまでのシーズンは予想通りでしたか?
良いシーズンだったと思う。たくさんのレースで完走できたし、ここ2〜3レースでは、Q2進出が可能だった。僕たちにとっては大きな成功だ。シルバーストンは、新しいアップデートによる重要なレースだったけど、予選で事故を起こしてしまい、確かに少し期待外れだった。それがなければ、ポイントに本当に近づけたと思うし、ポイントも可能だったかもしれない。でも、全体として僕たちは一貫して前進していると思う。それは最も重要なことだ。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム