SUPER GT
2019年 SUPER GT第2戦『FUJI GT 500km RACE』決勝レースが5月4日(土)、富士スピードウェイ(1周4,563m×110周)で行われた。

レース序盤は突然の強い雷雨で中断もあったが、その後は天候が回復して好レースが展開。GT500クラスは、No.38 ZENT CERUMO LC500(立川祐路/石浦宏明)が、GT300クラスはNo.11 GAINER TANAX GT-R(平中克幸/安田裕信)が優勝した。

前日の予選、この日の午前は好天に恵まれていたが、決勝レースを前に雨が降り出し、スタート時には完全に路面はウエットとなってしまう。このため、セーフティカー先導でスタートして2周を終えてからのレース開始となった。

スタートではポールポジションからトップを走るNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(ロニー・クインタレッリ)をNo.37 KeePer TOM'S LC500(ニック・キャシディ)が激しく攻め、時に濡れた路面に滑るというハードなトップ争いを展開。そこに加わったのは予選7位から雨中を追い上げてきたNo.38 ZENT CERUMO LC500(立川祐路)だ。38号車は先行する2台も抜き、13周目にはトップに立つ。その直前から雨が非常に強くなり、さらに雷も鳴ったことから、赤旗が提示されてレースは一時中断となった。

幸いにも30分ほどで雨は上がり、レースが再開。この後、路面が少しずつ乾いていくと38号車と23号車のマッチレースとなる。最初のピットイン後は、No.23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生)がリードするもNo.38 ZENT CERUMO LC500(石浦宏明)が逆転。また最後のピットインでNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(クインタレッリ)が前に出るが、これをラスト10周でNo.38 ZENT CERUMO LC500(立川)がひっくり返す。結局、このままNo.38 ZENT CERUMO LC500が逃げ切って優勝となった。2位はNo.23 MOTUL AUTECH GT-R。また昨年のチャンピオンであるNo.1 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/ジェンソン・バトン)が、予選12位から追い上げて3位表彰台に上がった。

GT300クラスでは、ウエット路面の序盤でNo.11 GAINER TANAX GT-R(安田裕信)が予選4位からぐいぐいとポジションを上げて、ポールポジションのNo.56 リアライズ 日産自動車大学校 GT-R(平峰一貴)を抜いてトップに立つ。その後、強雨によるレース中断もものともせず、GAINER TANAX GT-R(平中克幸)はマージンを広げる。レース終盤にGAINER TANAX GT-R(安田裕信)はNo.55 ARTA NSX GT3(高木真一)に迫られるも、辛くも逃げ切って優勝した。2位はNo.55 ARTA NSX GT3(高木/福住仁嶺)、3位はNo.88 マネパ ランボルギーニ GT3(小暮卓史/元嶋佑弥)が入った。
(観客動員:5万6000人 5/3(予選日)3万5800人 2日間合計9万1800人)

GT500クラス
No.38 ZENT CERUMO LC500
立川祐路
「今季はチーム運営が変わって、僕のプレッシャーも大きくなりましたが、開幕戦が悔しい結果に終わったこともあって、今日は絶対に勝ちたいと思っていました。最初から最後まで、本当に気が抜けない展開でしたが、素晴らしいレースで、しかも最高の結果で終えることができました。応援ありがとうございました」

石浦宏明
「僕たちは2年前に、この5月の富士で勝ってから2年ぶりの優勝です。その時も立川さんと2人で優勝の喜びを分かち合ったのですが、立川さんも言ったように、今年は2人とも立場が変わり、責任も重くなりました。だからこそ、ホームコースであるこの富士で勝ちたい気持ちが強かった。本当に勝てて良かったです」

GT300クラス
No.11 GAINER TANAX GT-R
平中克幸
「終盤の安田選手は本当に辛かったと思います。僕も経験がありますが、追われる展開は肉体的にも精神的にも辛い。だから安田選手に感謝です。去年のタイでも彼とのコンビで優勝して、それ以来の優勝なんですが、今日の優勝は今後も自分自身の記憶に残る、とても嬉しいレースになりました」

安田裕信
「今日は56号車(リアライズ 日産自動車大学校 GT-R)との一騎打ちと思っていたら、違った展開になりました。最後の走行は本当に厳しいバトルでしたが、最後の最後、GT500車両に抜かれる状況を上手く利用することができ、何とか逃げ切って優勝できました」

2019 SUPER GT 第2戦 富士スピードウェイ 結果
Pos.No.CarDriverTireWH
138ZENT CERUMO LC500立川祐路
石浦宏明
BS3kg
223MOTUL AUTECH GT-R松田次生
ロニー・クインタレッリ
MI17kg
31RAYBRIG NSX-GT山本尚貴.
ジェンソン・バトン
BS0kg
439DENSO KOBELCO SARD LC500ヘイキ・コバライネン
中山雄一
BS0kg
517KEIHIN NSX-GT塚越広大
ベルトラン・バゲット
BS0kg
63CRAFTSPORTS MOTUL GT-R平手晃平
フレデリック・マコヴィッキィ
MI8kg
737KeePer TOM分S LC500平川亮
ニック・キャシディ
BS0kg
86WAKO’S 4CR LC500大嶋和也
山下健太
BS0kg
98ARTA NSX-GT野尻智紀
伊沢拓也
BS20kg
1064Modulo Epson NSX-GTナレイン・カーティケヤン
牧野任祐
DL1kg
1116MOTUL MUGEN NSX-GT武藤英紀
中嶋大祐
YH4kg
1212カルソニック IMPUL GT-R佐々木大樹
ジェームス・.ロシター
BS11kg
1319WedsSport ADVAN LC500国本雄資
坪井翔
YH5kg
1424リアライズコーポレーション ADVAN GT-R高星明誠
ヤン・マーデンボロー
YH6kg
 36au TOM’S LC500関口雄飛
宮田莉朋
BS2kg


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: SUPER GT