SUPER GT
2018年 SUPER GT 最終戦『MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL』の決勝レースが11月11日(日)にツインリンクもてぎで行われ、No.100 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/ジェンソン・バトン)がチャンピオンを獲得。ホンダに8年ぶりの栄冠をもたらした。

タイトル争いは、ポイントで同点に並ぶNo.100 RAYBRIG NSX-GT(山本/バトン)とNo.1 KeePer TOM'S LC500(平川亮/ニック・キャシディ)の直接対決となった。

最終的にNo.100 RAYBRIG NSX-GTは、No.1 KeePer TOM'S LC500に1.6秒差をつけて3位でフィニッシュ。ジェンソン・バトンにとっては9年ぶり、山本尚貴にとってはスーパーフォーミュラとの2冠、RAYBRIGにとっては初のタイトル、ホンダに8年ぶりの栄冠となった。

レースはNo.8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/伊沢拓也)が優勝。2位にはNo.38 ZENT CERUMO LC500(立川祐路/石浦宏明)が2位表彰台を獲得した。

GT300クラスは65号車LEON CVSTOS AMGが逆転でチャンピオンを獲得した。


2018年 SUPER GT 最終戦 ツインリンクもてぎ 結果(GT500)

Po.No.マシンドライバタイヤ
18ARTA NSX-GT伊沢拓也/野尻智紀BS
238ZENT CERUMO LC500立川祐路/石浦宏明BS
3100RAYBRIG NSX-GTジェンソン・バトン/山本尚貴BS
41KeePer TOM'S LC500ニック・キャシディ/平川亮BS
519WedsSport ADVAN LC500山下健太/国本雄資YH
66WAKO’S 4CR LC500ジェームス・ロシター/大嶋和也BS
723MOTUL AUTECH GT-R松田次生/ロニー・クインタレッリ
MI
839DENSO KOBELCO SARD LC500ヘイキ・コバライネン/小林可夢偉BS
93CRAFTSPORTS MOTUL GT-R千代勝正/本山哲MI
1024フォーラムエンジニアリングADVAN GT-Rジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/高星明誠YH
1112カルソニック IMPUL GT-Rヤン・マーデンボロー/佐々木大樹
BS
1264Epson Modulo NSX-GTベルトラン・バゲット/松浦孝亮DL
1336au TOM’S LC500中嶋一貴/関口雄飛BS
1416MOTUL MUGEN NSX-GT武藤英紀/中嶋大祐YH
1517KEIHIN NSX-GT小暮卓史/塚越広大BS


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: SUPER GT