SUPER GT 最終戦 予選 結果
2018年 SUPER GT 第8戦『MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL』の予選が11月10日(土)に栃木県のツインリンクもてぎで行われた。

GT500クラスはNo.8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/伊沢拓也)が今季3度目のポールポジションを獲得。ドライバーランキング1位のNo.100 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/ジェンソン・バトン)も予選2位で、初のタイトルに向け好位置を得た。

GT300クラスはNo.88 マネパ ランボルギーニ GT3(平峰一貴/マルコ・マッペリ)が開幕戦以来のクラスポールを獲得。タイトル争いでは、ドライバーズランキング2位のNo.65 LEON CVSTOS AMG(黒澤治樹/蒲生尚弥)が予選2位、同1位のNo.55 ARTA BMW M6 GT3(高木真一/ショーン・ウォーキンショー)は予選10位となった。

このもてぎ大会は2018年の最終戦であり、両クラスともタイトルが決まるだけに早くも予選から各チームに緊張感が漂う一戦となった。また、ここまで全戦参戦のチームはウエイトハンディが0kgとなり、各車の真の実力が見られるレースでもある。

GT500クラスの予選Q1では、元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンが駆るNo.100 RAYBRIG NSX-GTがコースレコード(1分36秒316)に迫る1分36秒344のトップタイムを叩き出す。さらには、No.64 Epson Modulo NSX-GT(松浦孝亮)、No.8 ARTA NSX-GT(伊沢拓也)が続き、Q1トップ3はHonda NSX-GT勢が独占した。

予選Q2でもNSX-GT勢の攻勢は変わらず。ラストアタックでレコードタイムを書き換える1分35秒550をNo.8 ARTA NSX-GTの野尻智紀が記録して、第3戦鈴鹿以来となる今季2度目のポールポジションを手にした。2、3番手にもNo.100 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴)とNo.64 Epson Modulo NSX-GT(ベルトラン・バケット)が入り、NSX-GT勢としては前戦オートポリスに続く、予選トップ3独占となった。予選4位にはLEXUS LC500勢最上位のNo.38 ZENT CERUMO LC500(立川祐路)が、NISSAN GT-R NISMO GT500勢ではNo.3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R(本山哲/千代勝正)の同8位が最上位だった。

タイトル争いでは、ドライバーランキング1位のNo.100 RAYBRIG NSX-GT(山本/バトン)が予選2位と好位置に付け、ポイントで同点に並んでいるNo.1 KeePer TOM'S LC500(平川亮/ニック・キャシディ)は予選6位とやや苦しい位置に。逆転タイトルには勝利が必要なNo.8 ARTA NSX-GT(野尻/伊沢)はポールスタートとチャンスを掴んだ。可能性を残すもう1チーム、No.36 au TOM'S LC500(関口雄飛)は予選14番手と厳しい状況だ。

GT300クラスは、No.88 マネパ ランボルギーニ GT3(平峰一貴/マルコ・マペッリ)の平峰がQ2でコースレコードのトップタイムを記録。平峰にとっては初の、チームは開幕戦岡山以来のポールポジションとなった。予選2、3位にはNo.65 LEON CVSTOS AMG(黒澤治樹/蒲生尚弥)、No.0 グッドスマイル 初音ミク AMG(谷口信輝/片岡龍也)のドライバーランキング2、4位が入り、同ランキングトップのNo.55 ARTA BMW M6 GT3(高木真一/ショーン・ウォーキンショー)は予選10位。GT300クラスは、かなりドラマチックなチャンピオン争いとなりそうだ。

GT500クラス
No.8 ARTA NSX-GT
野尻智紀
「自分たちは(逆転タイトルに向けて)絶対に1ポイントがほしかったんです。朝の公式練習では、クルマのバランスがあまり良くなくて『Q1突破は簡単じゃないかも』と心配していましたが、予選までにチームが良いセットを見つけてくれ、Q1とQ2のインターバルでは自分の好みに修正してくれました。チームとしていい方向に向かう形で、ポールを獲ることができました」

GT300クラス
No.88 マネパ ランボルギーニ GT3
平峰一貴
「自分としては初ポールで、チョー気持ちいいです。本当にありがたいことで、チームの皆がいいクルマに仕上げてくれたし、マルコ(マペッリ)も一生懸命走って(Q2の自分に)繋いでくれた。Q2では『皆の想いに、なんとか応えたい』そんな気持ちで目一杯走りました。実は予選の前にとてもナーバスになっていたのですが、走り始めたら(タイヤの)グリップも充分で、気持ちよくアタックできました。本当に嬉しいです」

2018年 SUPER GT 最終戦 ツインリンクもてぎ 公式予選 (GT500)

Po.No.マシンドライバタイヤタイム
18ARTA NSX-GT伊沢拓也/野尻智紀BS1分35秒550
2100RAYBRIG NSX-GTジェンソン・バトン/山本尚貴BS1分35秒739
364Epson Modulo NSX-GTベルトラン・バゲット/松浦孝亮DL1分36秒062
438ZENT CERUMO LC500立川祐路/石浦宏明BS1分36秒153
517KEIHIN NSX-GT小暮卓史/塚越広大BS1分36秒234
61KeePer TOM'S LC500ニック・キャシディ/平川亮BS1分37秒099
719WedsSport ADVAN LC500山下健太/国本雄資YH1分37秒154
83CRAFTSPORTS MOTUL GT-R千代勝正/本山哲MI1分37秒086
923MOTUL AUTECH GT-R松田次生/ロニー・クインタレッリ
MI1分37秒130
106WAKO’S 4CR LC500ジェームス・ロシター/大嶋和也BS1分37秒185
1124フォーラムエンジニアリングADVAN GT-Rジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/高星明誠YH1分37秒616
1239DENSO KOBELCO SARD LC500ヘイキ・コバライネン/小林可夢偉BS1分37秒618
1316MOTUL MUGEN NSX-GT武藤英紀/中嶋大祐YH1分37秒618
1412カルソニック IMPUL GT-Rヤン・マーデンボロー/佐々木大樹
BS1分37秒668
1536au TOM’S LC500中嶋一貴/関口雄飛BS1分38秒279


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: SUPER GT