セルジオ・セッテ・カマラ、スーパーフォーミュラ参戦が決定 / レッドブルF1 リザーブドライバー
レッドブルF1のリザーブドライバーに就任したセルジオ・セッテ・カマラが、2020年に日本でスーパーフォーミュラに参戦することが発表された。

セルジオ・セッテ・カマラは、B-Max with Motopark Team改めBuzz Racing Team with B-Maxから参戦。シャルル・ミレジのシャルル・ミレジとチームを組む。

元々はピエトロ・フィッティパルディがラインナップされていたが。モトパークは“スポンサーの利益相反によるレースシートの遅いシャッフル”と説明している。

セルジオ・セッテ・カマラにとって日本のモータースポーツは初参戦となるが、2015年と2016年にヨーロッパF3欧州選手権でモトパークには慣れ親しんでいる。

2015年のヨーロッパF3選手権で成功を収めたセルジオ・セッテ・カマラは、2016年にレッドブルのジュニアプログラムに参加したが、レースに勝てず、チャンピオンシップで11位になり、スキームから脱落した。

その後、セルジオ・セッテ・カマラはF2でキャリアを再構築し、マクラーレンF1チームの育成ドライバーとして昨シーズンを4位で終了。また、2017年のマカオGPにはMotoparkと共にF3に戻り、最終コーナーでクラッシュするまでレースをリードした。

セルジオ・セッテ・カマラは、カーリンとのインディカー・シリーズのスポット参戦も噂されていたが、チームは元F1ドライバーのフェリペ・ナッセを起用することを決定していた。

「これが僕のキャリアにとって最善の方向であると確信しています」とセルジオ・セッテ・カマラは語った。

「スーパーフォーミュラは、F1に次ぐ最速のレーシングカーであり、ここのチームは高いレベルで仕事をしている」

「この機会を与えてくれた B-Max with Motoparkに感謝している。以前に彼らと仕事をしたことがあるし、このシリーズでも素晴らしいことを達成できると確信している」

モトパークのチーフ、ティモラン・プフキールは「セルジオをチームに迎えることができてうれしく思う」とコメント。

「彼を紹介する必要はない。彼は最もエキサイティングな才能の一人であり、そのような質の高いドライバーと仕事をすることは常に大きな喜びだ」

「チーム・モトパークとセルジオの間には強い歴史がある。我々は2015年と2016年にF3で彼にヨーロッパでの最初の2シーズンを与え、2017年にはマカオGPに参戦しているので、彼が帰ってきたように感じている」

「我々は彼のことを非常によく知っているおり、その逆も同様だ。これにより、すぐに高いレベルでスタートことができるので、明確な利点が得られる」

Motoparkは2019年に既存のB-Maxとのコラボレーションでスーパーフォーミュラに参戦している。ルーカス・アウアーとハリソン・ミューウェイを起用し、それぞれ表彰台を獲得している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / スーパーフォーミュラ / レッドブル