F1 スポンサー契約
F1は、スイスの金融グループであるUBSとのスポンサー契約を発表した。

UBSは、オズワルド・グリューベルCEOは同じくスイスの銀行であるクレディ・スイスをF1へ導いた人物であり、BMWザウバーの役員を務めていた。

「UBSは、我々のクライアントにアピールし、我々のブランドを世界的にプロモートして良いコマーシャルとなる世界的なスポンサーシッププラットフォームを探していました」とオズワルド・グリューベルは述べた。

「世界最大で最も人気のあるスポーツ組織との新しいパートナーシップは、それらすべてを満たしており、新しく始めるブランド展開のカギとなるものです。F1の世界的なリーチは、我々がサポートする多くのローカル活動を引き立ててくれます」

契約は、来月のシンガポールGPから正式に開始される予定となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1スポンサー