UBS F1スポンサー
F1の大口スポンサーであるUBSが、F1撤退を検討していると報じられている。

スイスの金融グループであるUBSは2010年にF1に参入。当時CEOを務めていたオズワルド・グリューベルCEOは、同じくスイスの銀行であるクレディ・スイスをF1へ導いた人物であり、BMWザウバーの役員を務めていた。

しかし、現在はオズワルド・グリューベルは担当を外れており、現在はスイスの銀行家セルジオ・エルモッティがUBSのCEOを務めている。

スイスの Blick は、UBSがセルジオ・エルモッティのもとでF1契約の妥当性についての市場調査を行っていると報道。

また、Tagesanzeiger は、UBSが実際にF1からの撤退を検討しているとの経営レベルのコメントを報じた。

「UBSのセルジオ・エルモッティCEOはF1ファンではない」

UBSの広報担当は「我々には進行中のF1との複数年契約があります。我々は関与を継続的に分析しています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1スポンサー