F1 シンガポールGP
FIA(国際自動車連盟)は、2018年のF1世界選手権 第15戦 シンガポールGPの決勝スターティンググリッドを発表した。

F1シンガポールGPでは、ペナルティを科せられているドライバーはおらず、予選順位の通りに各マシンはグリッドに並び、決勝レースを迎えることになる。

ポールポジションはメルセデスのルイス・ハミルトン。フロントロー2番ッグリッドにはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が並ぶ。

2列目3番グリッドにはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、4番グリッドにはバルテリ・ボッタス(メルセデス)。3列目には5番グリッドにキミ・ライコネン(フェラーリ)とダニエル・リカルド(レッドブル)が並ぶ。ベスト・オブ・ザ・レストの7番グリッドFからはフォースインディアのセルジオ・ペレスがスタートする。

上位10名のドライバーは全員がQ2でハイパーソフトでタイムを計測しており、劣化の激しいコンパウンドでスタートすることになる。タイヤを自由に選べるドライバーのなかではフェルナンド・アロンソが11番グリッドと最も有利なポジション。トップ10以外がウルトラソフトとソフトのどちらをスタートタイヤに選ぶかかも注目のポイントだ。

ピエール・ガスリーは8列目15番手から、ブレンドン・ハートレーは9列目17番手からのスタートする。

2018年 第15戦 F1シンガポールGP 決勝スターティンググリッド

PNoドライバーチーム予選
144ルイス・ハミルトンメルセデス1(→)
233マックス・フェルスタッペンレッドブル2(→)
35セバスチャン・ベッテルフェラーリ3(→)
477バルテリ・ボッタスメルセデス4(→)
57キミ・ライコネンフェラーリ5(→)
63ダニエル・リカルドレッドブル6(→)
711セルジオ・ペレスフォース・インディア7(→)
88ロマン・グロージャンハース8(→)
931エステバン・オコンフォース・インディア9(→)
1027ニコ・ヒュルケンベルグルノー10(→)
1114フェルナンド・アロンソマクラーレン11(→)
1255カルロス・サインツルノー12(→)
1316シャルル・ルクレールザウバー13(→)
149マーカス・エリクソンザウバー14(→)
1510ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ15(→)
1620ケビン・マグヌッセンハース16(→)
1728ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ17(→)
182ストフェル・バンドーンマクラーレン18(→)
1935セルゲイ・シロトキンウィリアムズ19(→)
2018ランス・ストロールウィリアムズ20(→)

F1シンガポールGP:各ドライバーの持ちタイヤ数

F1シンガポールGP:各ドライバーの持ちタイヤ数関連:2018年 F1シンガポールGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1シンガポールGP