ブルーノ・セナ
ブルーノ・セナは、2013年のドライバーとしてウィリアムズが自分に代えてバルテリ・ボッタスを起用したことに驚いていないと述べた。

ウィリアムズは、2013年のドライバーとしてパストール・マルドナドとバルテリ・ボッタスを起用することを発表した。

「ウィリアムズとのプログラムが始まって以来、2013年の彼のデビューの準備の一環として15回の金曜日でバルテリ・ボッタスとクルマをシャアしなければならないことを受け入れていた」とブルーノ・セナは説明。

2010年にHRTでF1デビューを果たしてブルーノ・セナは、2011年にロータスで最後の8戦に参戦。今年ウィリアムズに移籍して初のフル参戦を果たしたブルーノ・セナは、31ポイントを獲得してランキング16位でシーズンを終えた。

「最も定期的にポイントを獲得するチームにいたことにはかなり満足しているし、僕としては20戦全てでペースを示すことがでいた。多くのことを学び、シーズンを通してかなり改善した。ここまで比較的短いキャリアだけど、ここ数年で出世することができた」

ブルーノ・セナは、フランク・ウィリアムズに特別な感謝の意を示した。

「F1で初めてのフルシーズンを戦うチャンスを与えてくれたチーム、特にフランクに感謝したい。ウィリアムズ F34を一貫性のかるコンペティティブなクルマに発展させたことはかなり価値のあることだった。ピレリタイヤという難問を解決できたことも満足なt年の一つだ」

「今年はいくつか顕著な結果を残せた。大好きなベルギーGPでのファステストラップ、定期的なポイント獲得、そしてレースを通して多くの順位を上げることができた。トップ10で定期的にレースをすることは、僕の比較的なキャリアでは前進だし、レースクラフトをさらに鋭くすることができた。ウィリアムズのような競争的で協力的なエンジニアリングチームと働けたことは僕のキャリアの次のステップのための良い準備になった」

ブルーノ・セナは、まもなく2013年のプランを発表するとしている。

関連:ウィリアムズ、パストール・マルドナドとバルテリ・ボッタスの起用を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ブルーノ・セナ / ウィリアムズ