F1
メルセデスF1チームの元最高経営責任者であるニック・フライは、ミハエル・シューマッハが“心理戦”を仕掛けていたとするチームメイトだったニコ・ロズベルグの主張を否定した。

ミハエル・シューマッハとニコ・ロズベルグは、2010年から2012年までの3年間メルセデスでチームメイトを務めた。その後、7回のF1ワールドチャンピオンであるシューマッハはF1から2度目の引退をし、ルイス・ハミルトンが後任としてメルセデスに加入。現在の支配時代に繋がっている。

ニコ・ロズベルグは、2012年のF1中国GPでメルセデスにワークス復帰後の初勝利をもたらしている。2016年のF1ワールドチャンピオンであるロズベルグは、ミハエル・シューマッハからインスピレーションとモチベーションを与えられたと主張しているが、シューマッハのライバルの前に出ようという競争本能はチームメイトに向けられており、その心理戦と戦わなければならなかったと語っている。

ニコ・ロズベルグは、かつて“Mr Mind Games”と呼んだミハエル・シューマッハが、F1モナコGPの予選数分前にミハエル・シューマッハが居座り、自分がトイレに入ることを妨害したと振り返った。

「自分がしなければならないことをどうにかする必要はあったし、パニックは予選に大きな影響を与えた」とニコ・ロズベルグは振り返る。

「自分のオイルバケツで用を足すしかなかった。そのあと、ドアが開き、ミハエルは出て行って、そのコーナーから離れるとすぐに、素早く歩き始めた。彼は予選まで残り2秒なのをわかっていたからね」

だが、ニック・フライは「それが本当かどうかはわからないが、もしそうだったら驚かされただろう」と Flat Chat のポッドキャストで語った。

「人々は、あらゆる種類のトリックを演じた卑劣なドイツ人としてマイケルを特徴付けたいと思っている。だが、正直、私はそれを見なかったと言える」

「私が見たのは、優れたチームプレーヤーであることが非常に得意な人だった。私はコインの両面を見てきた」

「F1に入ったばかりの頃、私はジャック・ヴルヌーヴと一緒に仕事をしていた。ジャック・ヴィルヌーヴは、ヘルメットをかぶってマシンに歩いて行くのをとても喜んでいるようで、誰とも話す必要はなかった」

「彼はメカニックとの関係を築いておらず、彼らが一体何者なのかさえ知らないようだったが、ミハエルはスケールの反対側にいた」

ニック・フライは、F1のレジェンドであるミハエル・シューマッハは、自分の周りにチームを築く不思議な能力を持っていたと称賛する。

「彼は、最高レベルでパフォーマンスするためには、他の全員を最高レベルでパフォーマンスさせる必要があることに気付いていた」とニック・フライは付け加える。

「だからこそ、彼はある期間にわたって非常に大きな成功を収めた。2人のドライバーの間に特定のマインドゲームや愚かさは目にしなかった。実際、まったく逆だ。ミハエルには父親に近いアプローチを見た」

「誰もがミハエル・シューマッハについて語るとき、、彼はほとんどの人の心にあるよりもさらに高い台座に立っていると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミハエル・シューマッハ / ニコ・ロズベルグ / メルセデス