ミハエル・シューマッハの2014年01月のF1情報を一覧表示します。

ミハエル・シューマッハ、昏睡状態からの覚醒を徐々に開始

2014年1月30日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハが、人工的な昏睡状態から徐々に覚醒に向かっていることをマネージャーが正式に発表した。

シューマッハ家を代表して発表された声明によると、ミハエル・シューマッハの鎮静剤は、覚醒を開始していけるように減らされていくという。しかし、覚醒には長くかかるかもしれないとしている。

ミハエル・シューマッハ、昏睡から覚醒へのプロセスを開始との報道

2014年1月30日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハの担当医が、昏睡状態からシューマッハを覚醒させようとしているとの報道が広まっている。

フランスの L'Equipe は、グルノーブル大学病院の医学チームが、昏睡状態か覚醒させていくための回復段階に報道。同紙は、グルノーブル大学病の医師マニュエル・ゲイによって数日〜1週間かかるとされる覚醒のプロセスが火曜日に開始されると報じた。ミハエル・シューマッハはプロセスに対して“ポジティブな反応”をみせたという。

メルセデス、W05にミハエル・シューマッハへのメッセージを掲載

2014年1月28日
ミハエル・シューマッハ
メルセデスは、ヘレスでのプレシーズンテストで新車『W05』にミハエル・シューマッハへのメッセージを掲げる。

メルセデスは、チームの公式Twitterで“#KeepFightingMichael”というハッシュタグが描かれたW05の画像を公開。リツイートしてこのハッシュタグに込めたキーワードを広めるようにファンに働きかけている。

ミハエル・シューマッハの家族、ケルンとシャルケの横断幕に感謝

2014年1月21日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハの家族は、公式サイトでドイツ・ブンデスリーガのケルンとシャルケに感謝した。

ケルンとシャルケの選手は、18日のフレンドリーマッチ前に、先月のスキー事故で昏睡状態にあるミハエル・シューマッハのために「早く良くなって! ミハエル、あなたならできる」と書かれた横断幕を掲げた。

ミハエル・シューマッハは、ケルンのサポーターとして知られている。

ミハエル・シューマッハ陣営 「正式発表以外はすべて憶測」

2014年1月18日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハのマネージャーを務めるザビーネ・ケームは、ミハエル・シューマッハの家族は「医師チームの治療に満足し、彼らを信頼している」と強調した。

ミハエル・シューマッハの容体について“安定しているが危険な状態”との発表しかされていないが、海外メディアは生涯にわたって意識が戻らない可能性があると報じていた。

ミハエル・シューマッハ、生涯意識が戻らない可能性も・・・

2014年1月16日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハは、このまま意識が戻らない可能性があると海外メディアが報じている。

昨年12月29日にスキー事故で頭部外傷を負ったミハエル・シューマッハは、フランスのグルノーブル大学病院で18日間にわたって医学的に誘導された昏睡状態に置かれている。

脳の回復を助けるための人工的な昏睡状態は通常1〜2週間後に醒ますのが一般的とされているが、ミハエル・シューマッハは医師が昏睡状態を醒ますには十分に回復しておらず、その予定はないという。

ミハエル・シューマッハ、容体は変わらず

2014年1月13日
ミハエル・シューマッハ
意識不明の状態が3週目に入ったミハエル・シューマッハだが、容体は変わらないままだと Bild が報じた。

年末のスキー事故で重体に陥り、昏睡状態が維持されているミハエル・シューマッハ。約1週間前、コリーナ夫人が病院前に集まっていたメディアに立ち去るよう要求してから、ミハエル・シューマッハの容体に関してマネジメントからもグルノーブルの病院側からも正式な情報は発表されていない。

ミハエル・シューマッハ スキー事故調査官 「原因はスピード以外」

2014年1月9日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハのスキー事故の調査官は、事故時のスピードは重要な原因ではなかったと考えている。

調査対象の証拠には、ミハエル・シューマッハが岩にぶつかったときに着用していたヘルメットカメラが含まれている。

8日、アルベールビルの検察官は記者会見を開催。

ミハエル・シューマッハの妻コリーナ、報道陣に病院からの退去を要請

2014年1月7日
ミハエル・シューマッハ 妻コリーナ
ミハエル・シューマッハの妻コリーナは、報道陣に夫の治療が行われている病院から去るよう求めた。

スキー事故で昏睡状態にあるミハエル・シューマッハが入院しているグルノーブル大学病院には大勢の報道陣が詰めかけている。

病院では記者会見はしばらく予定されておらず、報道陣は病院関係者などに取材攻勢を続けている。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム