ミハエル・シューマッハの2012年04月のF1情報を一覧表示します。

【動画】 ミハエル・シューマッハ&ラルフ・シューマッハが共演

2012年4月26日
ミハエル・シューマッハ ラルフ・シューマッハ
ミハエル・シューマッハとラルフ・シューマッハ兄弟が、それぞれのメルセデス・ベンツのレーシングカーでトラック上で共演した。

ミハエル・シューマッハがメルセデスAMG F1 W03と、DTMに参戦するドライブするラルフ・シューマッハがDTM AMG メルセデス・ベンツ Cクーペを走らせ、ランデブー走行を披露した。

ミハエル・シューマッハ、最新のピレリタイヤを批判

2012年4月24日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハは、デグラデーションの激しい最新のピレリタイヤを批判した。

ピレリがF1に参入したとき、ピレリはよりデグラデーションの早いタイヤを作るよう要請を受けた。昨年ピレリはそれを成し遂げ、F1のスペクタクルを改善させたとして称賛されていた。

しかし、ミハエル・シューマッハは、今のレースの成功はタイヤマネジメントにあまりに依存していることを懸念している。

ミハエル・シューマッハ、ギアボックス交換で5グリッド降格

2012年4月22日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハは、F1バーレーンGPの決勝レースでギアボックス交換により、5グリッド降格ペナルティを受けることになった。

Q1で敗退して18番グリッドからスタートすることになっていたミハエル・シューマッハだが、ギアボックス交換によってさらに5グリッド降格し、ナレイン・カーティケンの隣の最後列23番グリッドからスタートすることになった。

ミハエル・シューマッハ:F1バーレーンGP プレビュー

2012年4月18日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハが、F1バーレーンGPへの意気込みを語った。

ミハエル・シューマッハ (メルセデスAMG)
「中国のようなレースを経験したことはチームの全員に大きな力を与えているし、次のレースでもパフォーマンスを繰り返すことができるように最善を尽くしている。でも、ここまでのシーズンは確実なものなど何もないことを示しているし、3レースで3人のウィナーがいることは、今年チームがどれくらい接近しているかを示している」

ミハエル・シューマッハ、F1復帰後初優勝に手応え

2012年4月17日
ミハエル・シューマッハ
次にメルセデスを表彰台に導くのはミハエル・シューマッハかもしれない。

F1中国GPではチームメイトのニコ・ロズベルグが週末を支配し、111回戦目にしてF1で初ポールポジションと初優勝を達成。

ニコ・ロズベルグは、2010年に復帰したミハエル・シューマッハとメルセデスでコンビを組んで以来、過去2年でシューマッハの成績を上回っている。

ミハエル・シューマッハ、DTM開幕戦にゲストとして出席

2012年4月12日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハが、4月29日にホッケンハイムの開催されるDTM開幕戦にメルセデス・ベンツのゲストとして出席することが明らかになった。

ミハエル・シューマッハは、1990年と1991年にメルセデス・ベンツ ジュニアチームのメンバーとして4つのDTMレースに参戦している。当時、現在と同じようにドイツの3大メーカーであるメルセデス・ベンツ、アウディ、DTMが参戦していた。

ミハエル・シューマッハ:F1中国GP プレビュー

2012年4月5日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハが、F1中国GPへの意気込みを語った。

ミハエル・シューマッハ (メルセデスAMG)
「中国GPについて考えるとき、まず思い浮かぶのはファンのことだ。長年の間で、あそこには熱心で忠実なファンを獲得することができたし、彼らの応援の大きさを見ると今でもとても感動する。彼ら全員にとても感謝しているよ!」

ミハエル・シューマッハ、メルセデス・ジュニアチームの指導者に

2012年4月3日
メルセデス
メルセデス・ベンツは、2012年のDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)でジュニアドライバープログラムを開始することを発表。ミハエル・シューマッハが指導者を務めることが明らかになった。

1990年、メルセデス・ベンツは若手育成プロジェクトを発足。ミハエル・シューマッハ、カール・ヴェンドリンガー、ハインツ=ハラルド・フレンツェンの3名を選出し、ザウバー・メルセデスチームからグループCカーレースに参戦させてF1のトップドライバーに育て上げた。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム