アンドレッティ、F1チーム買収を諦めず「プランBは常に存在する」
マイケル・アンドレッティは、ザウバーとの交渉は失敗に終わったが、F1チームの買収には引き続き関心を持っていると語る。

アンドレッティ・オートスポーツは、アルファロメオF1チームを運営するザウバーの所有者であるイスレロ・インベストメンツの株式の80%を取得する交渉を進めていたが、ザウバー側がチームの支配権を完全に放棄することを望まなかったことで交渉は決裂した。

マイケル・マンドレッティは、契約はほぼ完了していたと振り返る。

「F1は世界最大のレーシングシリーズであり、我々のブランドにとっては驚異的なことになると思う」とマイケル・アンドレッティはRACER / EPARTRADE Online Race Industry Weekで語った。

「もちろん、我々は国際的にはフォーミュラEとエクストリームEに参戦しているが、F1をやることは究極だ。ずっと興味を持っていた」

「あの取引が成立しなかったのは本当に残念だった。その時点で取引が成立するまで文字通りあと48時間だったと思う」

「まだF1をやりたいと思っています。機会はますます少なくなっており、現在、実際にはチームは売りに出されていない。将来何が起こるかを見なければならない」

「まだ関心がある。私はF1が大好きだ。究極のレース体験だ。我々のブランドにとって巨大なものであり、最高のレベルに到達することができるだろう」

アンドレッティは、ザウバーとの真剣な交渉は5月に始まり、この取引は夏の数か月間を通じて勢いを増しているように見えたと語る。

「とても忙しかった。5月頃にかなり熱くなり始め、8月に狂ったようになり、9月は横ばいだった。当時は、取引は成立する思っていたので、とにかくすべてをボタンで留めようとしていた。だが、残念ながら、最後に我々に投げられたもので実現することができなかった」

「プランBまたはプランCは常に存在している。したがって、我々は間違いなくまだそれを攻撃している。何が起こるか見ていくが、諦めるつもりだはない。現在ここにない機会が出てくる可能性もあるし、我々はそれらの機会を探し続けるつもりだ」

計画された買収は実現しなかったが、同じ状況が繰り返された場合、それを実現するためにアンドレッティが変えられることは何もなかった。

「学んだことはいくつかあると思う。常に学んでいるが、我々は別の方法で物事を行うことができたと思うか? おそらく多くはないだろう。我々は当時の状況に到達するのにかなり良い仕事をした。学んだことは確かにあるが、そこで我々がしたこととまったく違うことをするだろうか? おそらくそれはない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ザウバー / アルファロメオF1