ザウバー、マイケル・アンドレッティにF1チームを売却?
アルファロメオF1は、2022年の“シリーシーズン”が落ち着いた後、今後は投機的な観点から注目を集めることになりそうだ。

現在、新加入のバルテリ・ボッタスのチームメイトの座は、事実上、2022年のグリッドの最後の空席となっている。残留を目指して奮闘するアントニオ・ジョヴィナッツィのシートには長い獲得リストがある。

しかし、アントニオ・ジョビナッツィを放出した場合、スイスを拠点とするチームとエンジンサプライヤーのフェラーリとの関係が危険にさらされるのではないかと考える人もいる。

「パワーユニットサプライヤーとして、我々は常にチームとのコラボレーションを評価しており、明らかにドライバーの選択は評価の一部だ」とフェラーリF1のチーム代表を務めるマッティアビノットはモンツァで確認した。

しかし、実際に、アルファロメオは、フェラーリのジュニア・ジョビナッツィを放出し、3000万ユーロ(約38億円)とも言われる中国マナーを用意するF2のフロントランナーである周冠宇と契約すると強く噂されている。

「確かに彼はリストに載っています」とアルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは認めている。

一方、フレデリック・ヴァスールの“ToDoリスト”には、元F1ドライバーのマイケル・アンドレッティとの話し合いが乗っているかもしれない。米国を拠点とするレースの世界で強力な人物あるアンドレッティは、ヒンウィールを拠点とするザウバーの購入に関心があると伝えられている。

だが、フレデリック・ヴァスールは「まず、私としてはそのケースはないと思っている」と語った。

「それに加えて、私は会社のCEOだが、いつかこのような議論が起こったとしても、私とは関係がないと思う。それは私の株主と関係することだ」


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ザウバー / アルファロメオ・レーシング