F1 ザウバー アルファロメオ
ザウバーは、チーム名とシャシー名の両方をアルファロメオ・レーシングに変更。1993年からF1に参戦し、現存するコンストラクターとしては4番目に古い歴史を持っているザウバーの名前が完全に消えることになった。

昨年、アルファロメオをタイトルスポンサーに迎えたザウバーは先週、2019年のF1世界選手権にアルファロメオ・レーシング(Alfa Romeo Racing)として参戦することを発表。

しかし、チームの運営がザウバー・モータースポーツが引き続き行い、創設者のペーター・ザウバーの妻であるクリスティーヌ(Christine)のイニシャルに由来する『CXX』のマシン名が継続することでザウバーの遺産は残ると考えられていた。

FIA(国際自動車連盟)は2月6日(水)に2019年のF1世界選手権のエントリーリストの最終版を発行。チーム名だけでなく、シャシー名にもアルファロメオ・レーシングが採用されることが明らかになった。

アルファロメオは、ザウバーから600万ユーロ(約7億5000万円)で命名権を取得したとされており、2020年にはさらなる変化が起こると報じられている

この動きは、持株会社イスレロ・インベストメント(Islero Investments)が所有するザウバーの株式の完全買収を予見するものだと考えられている。 Auto Bild の報道によると、フィアット・クライスラーのCEOを務めるジョン・エルカンは、来年の夏までにアルファロメオがザウバーを買い取るオプションについて交渉したと報じている。

このシナリオが実現すれば、F1におけるフェラーリのライバルに対する政治力と財政力を強化することになるだろう。また、レッドブル・レーシングとスクーデリア・トロ・ロッソのような姉妹関係を築くことで、マシン開発の実験や若手ドライバーの育成の主導権を握れるようになる。

アルファロメオ・レーシングは、結果的にシャルル・ルクレールとトレードするカタチでキミ・ライコネンが加入。チームメイトは、フェラーリのジュニアドライバーであるアントニオ・ジョビナッツィを起用する。

アルファロメオ・レーシングは、2月18日(月)にスタートする2019年のF1プレシーズンテスト初日にカタロニア・サーキットのパドックで2019年F1マシンを発表する。

2019年のF1世界選手権 エントリーリスト

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ザウバー | アルファロメオ・レーシング