F1 アルファロメオ ザウバー
ザウバーのチーム代表を務めるフレデリック・バスールは、アルファロメオ・ザウバーとして参戦する2018年にチームはより高い競争力を発揮できると考えている。

ザウバーは、2017年にフェラーリの1年落ちのパワーユニットで苦戦を強いられ、なんとか5ポイントを獲得してノーポイントは免れたものの、コンストラクターズ選手権10位でシーズンを終えた。

2018年、ザウバーはフェラーリとの提携を強化。フェラーリの最新パワーユニットを搭載するととおに、アルファロメオをタイトルスポンサーに迎えて「アルファロメオ・ザウバー」として新たなスタートを切る。

2017年の苦戦についてフレデリック・ヴァスールは「弱点はひとつだけではなかった。2016年のチームの苦難の結果だった」と Auto Hebdo にコメント。

実際、ザウバーは2016年に財政的に崩壊の危機を迎えていた。そして、夏がほぼ終わる頃、マーカス・エリクソンと関連のあるロンブボウ・ファイナスによって救済され、なんとか生き延びた。

「2017年のマシンの準備は非常に遅れていた。新しいプロジェクトだった。6ヵ月遅れると、困難な状況が加わるだけだし、追いつくのは非常に難しい」

「昨年、2016年のフェラーリエンジンを使用するという決断も決して役には立たなかった」

「現在、我々には完全に新しいプロジェクトがある。昨年、ザウバーは非常に遅くにスタートしたが、2018年のプロジェクトはスケジュール通りだ」

「だが、もちろん、我々がどの位置にいるかは2月末のバルセロナでの最初のテストにならないとわからない」

ザウバーは、2018年にパスカル・ウェーレインに代えて、F2チャンピオンでフェラーリの育成ドライバーであるシャルル・ルクレールを起用する。
「確かに多くの期待があるし、我々はいくつか強力な選択を行ったと思う」

「とりわけ、2018年版のフェラーリエンジンを搭載することは我々にとって大きな前進を意味するそして、我々はクルマの新しい哲学を開始している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ザウバー