ロビン・フラインス
ザウバーのチーム代表モニーシャ・カルテンボーンは、新しいリザーブドライバーのロビン・フラインスが今シーズンの金曜フリー走行で走るチャンスを得られることをほのめかした。

ロビン・フラインスは今週、2013年にザウバーで「あまりやることはないだろう」と不満を述べていた。

ロビン・フラインスは、プレシーズンテストでザウバーで仕事をすることはないと明かし、「金曜フリープラクティスで使われることもなさそうだ」と述べていた。

「それにザウバーにはシミュレーターがないので、そうやって経験を積むこともできない」

このロビン・フラインスの発言に、モニーシャ・カルテンボーンは反応した。

「ロビンはまだ若いです」とモニーシャ・カルテンボーンは Blick にコメント。

「彼は自分の意見を言いましたが、まだ今シーズンのためにGP2で場所を見つけられていないので苛立ってもいます」

「若手ドライバーの育成(プログラム)はリアルな問題です」

「各チームにとってベストなのは、全てのリザーブドライバーに少なくとも1度は金曜日(プラクティスセッション)で走るチャンスを与えることです」

関連:ロビン・フラインス、2013年のザウバーのプログラムに落胆

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ザウバー | ロビン・フラインス