ザウバーの2013年10月のF1情報を一覧表示します。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「アブダビGPはシーズンで一番の雰囲気」

2013年10月29日
ニコ・ヒュルケンベルグ (ザウバー)
ニコ・ヒュルケンベルグが、F1アブダビGPへの意気込みを語った。

ニコ・ヒュルケンベルグ (ザウバー)
「アブダビGPは素晴らしいイベントだ。特にトワイライトでは本当に素敵な映像や写真が撮れる。パドックは本当に素晴らしいし、施設もとても現代的で、一年で一番の雰囲気かもしれない」

エステバン・グティエレス 「ポジティブに週末にアプローチする」

2013年10月29日
エステバン・グティエレス (ザウバー)
エステバン・グティエレスが、F1アブダビGPへの意気込みを語った。

エステバン・グティエレス (ザウバー)
「ヤス・マリーナ・サーキットは、F1レースを開催するには素晴らしい場所だ。GP2ではあそこでのレースを本当に楽しんだし、前の年にはF1のテストもしている。トラックはかなり素直だし、あそこではかなりの走行距離を走っている」

ザウバー:トラブルでポイントを逃す (F1インドGP)

2013年10月27日
ザウバー F1インドGP 結果
ザウバーは、F1インドGPの決勝レースで、エステバン・グティエレスが15位、ニコ・ヒュルケンベルグはリタイアだった。

ニコ・ヒュルケンベルグ (リタイア)
「今日は8位でフィニッシュラインを通過できたと思う。何が起こったのかはまだわからない。最終コーナーでブレーキングしたときに何かがカチッと鳴って、突然ブレーキがなくなった。クルマの何かが壊れたに違いない。その後、ピットインして再び出ていったけど、何かがおかしかった。とても落胆している」

ザウバー:ニコ・ヒュルケンベルグが7番手 (F1インド GP予選)

2013年10月26日
ザウバー F1インドGP 予選
ザウバーは、F1インドGPの予選で、ニコ・ヒュルケンベルグが7番手、エステバン・グティエレスが16番手だった。

ニコ・ヒュルケンベルグ (7番手)
「全体的にかなり良い予選セッションだった。7番手は明日のために良いポジションだ。マクラーレン勢ンとの接戦を予想している。彼らはハードタイヤで予選を戦うという異なるアプローチを選択した」

ザウバー:F1インドGP 初日のコメント

2013年10月25日
ザウバー F1インドGP 初日
ザウバーは、F1インドGP初日のフリー走行で、ニコ・ヒュルケンベルグが14番手タイム、エステバン・グティエレスが17番手タイムだった。

ニコ・ヒュルケンベルグ (14番手)
「今日はかなり良い金曜日だった。大きなドラマもなく、天候も安定していたし、良い走行ができた。全プログラムを完了させることができた。良いタイヤデータを収集できたし、金曜日にはそれが最も重要だ」

ヴィタリー・ペトロフ、ザウバーのシート獲得のために40億円を用意?

2013年10月25日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフが、2014年にザウバーからF1復帰するとの噂が浮上している。

Auto Motor Und Sport は、ザウバーのシート獲得のためにヴィタリー・ペトロフが3,000万ユーロ(約40億3200万円)資金を用意した報道。後援企業のひとつは、ロシア国営天然ガス大手のガスプロム(Gazprom)だとみられている。

セルゲイ・シロトキン、2014年のF1デビューに自信

2013年10月21日
セルゲイ・シロトキン
セルゲイ・シロトキンは、2014年のF1デビューにむけてまったくプレッシャーは感じていないと主張する。

18歳のセルゲイ・シロトキンは、ザウバーとロシア企業の契約の一部として2014年にザウバーでF1デビューを果たすことになっている。

まだセルゲイ・シロトキンのF1経験は限られているが、2014年の開幕戦までに準備できると自信をみせている。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「インドの辛い食べ物は苦手」

2013年10月18日
ニコ・ヒュルケンベルグ (ザウバー)
ニコ・ヒュルケンベルグが、F1インドGPへの意気込みを語った。

ニコ・ヒュルケンベルグ (ザウバー)
「去年、インドでは良い結果を出している。8位でフィニッシュして、ポイントを獲得できたのはとても嬉しかった。とても素晴らしいトラックだし、トリッキーなセクターのある近代トラックのひとつだ。特にセクター2は多くのコーナーが組み合わせられている」

エステバン・グティエレス 「インドも好きなトラックのひとつ」

2013年10月18日
エステバン・グティエレス (ザウバー)
エステバン・グティエレスが、F1インドGPへの意気込みを語った。

エステバン・グティエレス (ザウバー)
「去年、チェコ(ペレス)のためにフリープラクティスで29周走っているのでブッダ・インターナショナル・サーキットは知っている。本当に長いストレート、非常に良いブレーキングと速いシケインがあって、もうひとつの好きなトラックだ。ドライビング経験を非常に特別なものにしてくれる」
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム