ザウバーの2012年08月のF1情報を一覧表示します。

シャルル・ピック、ザウバーと交渉との報道

2012年8月31日
シャルル・ピック
シャルル・ピックのマネジメントが、今週末のスパでザウバーとフォース・インディアのチーム代表と面談すると報じられている。

RMC Sport によると、シャルル・ピックは今シーズン、マルシャに700万ユーロをもたらしており、その資金はマネジメントグループのレガルデール(Lagardere)が提供・投資しているという。

セルジオ・ペレス 「ザウバーを離れる理由などない」

2012年8月30日
セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスは、ザウバーを離れる理由はないと主張。今後数週間でF1での将来が決まることを望んでいる。

セルジオ・ペレスは、今シーズン2度の表彰台を獲得する印象的なパフォーマンスを見せており、将来のフェラーリへの移籍が何度も噂されている。

だが、今年始めにフェラーリのルカ・ディ・モンテゼーモロ会長が、セルジオ・ペレスは今移籍するにはまだ未熟だと主張したことで、セルジオ・ペレスのザウバー残留はほぼ確実だとみられている。

小林可夢偉:F1ベルギーGP プレビュー

2012年8月25日
小林可夢偉
小林可夢偉が、F1ベルギーGPへの意気込みを語った。

小林可夢偉 (ザウバー)
「スパ・フランコルシャンは、お気に入りのサーキットのひとつです。あの高速コーナーは好きですし、トラックが多くの草木とともに景色に融合しているのも好きです。それが非常に特別な雰囲気を与えています」

セルジオ・ペレス:F1ベルギーGP プレビュー

2012年8月24日
セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスが、F1ベルギーGPへの意気込みを語った。

セルジオ・ペレス (ザウバー)
「スパ・フランコルシャンは、偉大な歴史のあるかなり威圧的なトラックだ。独特な特徴があるし、最近では見つけることが難しいサーキットだ。再びあそこでレースをするのをとても楽しみにしている。どんなレーシングドライバーもお気に入りのサーキットだと思う」

フォルクスワーゲン、ザウバーとの2015年のF1参入を否定

2012年8月23日
フォルクスワーゲン F1
フォルクスワーゲンは、2015年にザウバーとともにF1に参入する計画を立てているという報道を否定した。

ドイツの Sport Bild は、フォルクスワーゲンがザウバーとのF1参入を予定している、さらにはドイツ・バイザッハにあるポルシェ・モタースポーツ・センターでF1シャシーの設計に関わりたいと考えていると報じた。

報道では、FIAにフォルクスワーゲンの計画が伝えられているとされていた。

ヘルムート・マルコ 「2012年のベストマシンはザウバー」

2012年8月22日
ザウバー C31
レッドブルのヘルムート・マルコは、2012年のF1グリッドで最高のマシンはザウバー C31だと主張した。

ザウバーは今季80ポイントしか獲得していないが、ヘルムート・マルコはザウバー C31が「おそらくフィールで最高のマシン」だと主張。

今季、セルジオ・ペレスは2度の表彰台を獲得して評価を高めている。

ザウバー、2012年前半戦の結果に「後悔はしていない」

2012年8月21日
ザウバー
ザウバーは、前半戦で逃したポイント獲得のチャンスに後悔はしておらず、残りのシーズンでより予算の大きいライバルにチャレンジし続けることができると自信を持っている。

独立系チームとしては、2度の表彰台獲得と幸先のよいスタートをきったザウバーだが、スペインやモナコなどでは大量ポイントのチャンスを逃しており、もっと良い結果を出せた可能性もあった。

フォルクスワーゲン、2015年にザウバーとのF1参入を検討

2012年8月17日
フォルクスワーゲン
フォルクスワーゲンが、ザウバーとともに2015年にF1に参入する計画を立てていると Sport Bild が報じている。

最近、ザウバーのチーム代表ペーター・ザウバーは、ジュネーブモーターショーでフォルクスワーゲンの会長マーティン・ヴィンターコルンと会談したことを認めていた。

小林可夢偉、「チャレンジ!あまがさき夢大使」に就任

2012年8月8日
小林可夢偉
小林可夢偉が、初代「チャレンジ!あまがさき夢大使」に就任。委嘱式が行われた。

現在、F1は1ヶ月の夏休み。出身地の尼崎を訪れた小林可夢偉は、稲村和美尼崎市長を表敬訪問。その後、同市内のホテルで300名のファンを前にトークショーを開催した。

1年ぶりに地元に凱旋した小林可夢偉は「鈴鹿のコースは僕ら(のチーム)に合っている。今年はこれまで以上に期待できる」とF1日本GPでの活躍を誓った。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム