ザウバーの2010年07月のF1情報を一覧表示します。

ザウバー:小林可夢偉は14番手 (F1ハンガリーGP初日)

2010年7月31日
小林可夢偉 F1ハンガリーGP 初日
ザウバーは、F1ハンガリーGP初日のフリー走行で、ペドロ・デ・ラ・ロサが11番手、小林可夢偉は14番手だった。

小林可夢偉 (14番手)
「今日はセットアップをいろいろと試したので、クルマもよくなってきました。ただ僕としてはまだ満足はしていません。サーキットの路面がバンピーでアンダーステアとオーバーステアの両方で悪戦苦闘していましたが、僕にとっていま一番感じているのはグリップ不足です。これからデータをしっかりと分析してその原因を探りたいと思います」

ペドロ・デ・ラ・ロサ 「チームのためなら可夢偉に順位を譲る」

2010年7月30日
ペドロ・デ・ラ・ロサと小林可夢偉
ペドロ・デ・ラ・ロサは、チームにとって必要なことであれば、チームメイトの小林可夢偉に順位を譲るだろうと述べた。

ドイツGPでフェリペ・マッサがフェルナンド・アロンソに首位を譲ったことで、チームオーダーが論争の的になっている。

フェラーリのチームオーダーは、世界モータースポーツ評議会で議論される予定となっているが、ペドロ・デ・ラ・ロサは、チームオーダー論争は「ナンセンス」と述べた。

小林可夢偉 「今後の自信になりました」

2010年7月27日
小林可夢偉
小林可夢偉が、惜しくも11位でポイント獲得を逃したF1ドイツGPの週末を振り返った。

今年F1ドイツGPが開催されたホッケンハイムリンクは、小林可夢偉がジュニア・カテゴリー時代にレース経験を積んできたF1カレンダーの中で一番知っているサーキットだと語る。

「ホッケンハイムはTDPのドライバーとしてヨーロッパに来てから、フォーミュラ・ルノー、ユーロF3、GP2とこれまで戦ってきた全部のカテゴリーで走ってるんです」

小林可夢偉:F1ハンガリーGPプレビュー

2010年7月26日
小林可夢偉 (ザウバー)
小林可夢偉が、F1ハンガリーGPへの意気込みを語った。

小林可夢偉 (ザウバー)
「ハンガロリンクには良い思い出があります。最高の結果は達成できていないですが、とても好きなサーキットです。素晴らしいし、エキサイティングですね。都市も楽しいですし、特に川沿いのレストランは楽しみです」

ペドロ・デ・ラ・ロサ:F1ハンガリーGPプレビュー

2010年7月26日
ペドロ・デ・ラ・ロサ (ザウバー)
ペドロ・デ・ラ・ロサが、F1ハンガリーGPへの意気込みを語った。

ペドロ・デ・ラ・ロサ (ザウバー)
「プタペストは、お気に入りのひとつだ。初の、そしてこれまで唯一の表彰台を獲得した場所だからね。2006年に2位でフィニッシュした。都市はかなり面白いし、多くのことを提供してくれる。橋、家、そして城のけ建築様式は本当に美しい。テストドライバーだったときは、予選後の土曜日に川沿いを走ったものだ。歴史が感じられるけど、同時に都市はとても賑やかだ。ある意味、スペインを思い起こさせるね」

ザウバー:小林可夢偉は11位 (F1ドイツGP)

2010年7月26日
小林可夢偉 ザウバー F1ドイツGP 決勝
ザウバーは、F1ドイツGPの決勝レースで、小林可夢偉が11位、ペドロ・デ・ラ・ロサが14位だった。

小林可夢偉 (11位)
「今日の決勝レースについて、あまり嬉しくありません。どちらのセットのタイヤからもグリップを感じなかったし、タイヤのデグラデーションも早く始まっていました。今日よりも予選でのクルマのバランスの方がよかったです。とはいえ、レースではいいスタートを決めた後、ふたつポジションをあげることができました」

小林可夢偉 「将来のことは考えていない」

2010年7月25日
小林可夢偉
小林可夢偉は、将来の決定を急いではおらず、将来の進路は残りのシーズンの結果で決まると考えている。

昨シーズン、トヨタでの2レースで印象的なパフォーマンスをみせた小林可夢偉は、今年ザウバーとの契約を獲得した。

しかしザウバーは序盤戦は信頼性の問題などで低迷し、小林可夢偉は第7戦トルコGPでシーズン初ポイントを獲得。だが、ここ3戦ではイギリスGPでの6位を含め、2度のポイントフィニッシュを果たしている。

ザウバー:小林可夢偉は12番手 (F1ドイツGP予選)

2010年7月25日
ザウバー F1ドイツGP 予選
ザウバーは、F1ドイツGPの予選で、小林可夢偉が12番手、ペドロ・デ・ラ・ロサが15番手だった。

小林可夢偉 (12番手)
「本来なら第3セッションに進めるはずだったので全然うれしくありません。今日はクルマの仕上がりもよく、それは予選中のパフォーマンスにも表れていました。ただ、第2セッションの最後のアタックでトラフィックにひっかかり、スローダウンをした結果タイヤの温度が下がって、グリップを失ってしまいました。とはいえ明日の決勝は12番グリッドからのスタートですから、ポイントは獲得できると思います」

ペーター・ザウバー、近い将来の引退を示唆

2010年7月24日
ペーター・ザウバー
ペーター・ザウバーは、近い将来に引退するとの意向を強めた。

昨年末にBMWがF1から撤退したことにより、ザウバーの創設者であるペーター・ザウバーは、独立系チームとしてザウバーを再生させるために今年からピットウォールに戻ってきた。

しかし、ペーター・ザウバーは「70歳でピットウォールにいることはないだろう。正直、66歳でここにいることも想像していなかったよ」と Blick にコメント。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム