山本左近、イタリアのF1ロックスにDJとして出演

2011年8月25日
山本左近
F1イタリアGP中にミラノで開催されるF1ロックスに山本左近がDJとして出演することが明らかになった。

昨年成功を収めたイタリアのF1ロックス。今年のF1イタリアGP週末の9月9日(金)にはジャミロクワイがStadio Brianteoでコンサートを開催することが決定している。

11日(日)の決勝後のイベントでは、F1ドライバーがDJを務めることになっており、今年はヴァージンのリザーブドライバーを務める山本左近が出演。

山本左近、トルコGPでもヴァージンのリザーブドライバーを継続

2011年5月7日
山本左近
山本左近は、今週末のF1トルコGPでもヴァージンのリザーブドライバーを務めている。

山本左近は、シーズン開幕前にヴァージンと開幕3戦におけるリザーブドライバー契約を結んだ。

トルコGP以降のリザーブドライバーについては発表されていないが、ヴァージンは山本左近がイスタンブールにもリザーブドライバーとして帯同していることを明らかにした。

山本左近、ヴァージンとリザーブドライバー契約

2011年3月23日
山本左近
ヴァージン・レーシングは、2011年F1シーズンの序盤3戦のリザーブドライバーとして山本左近と契約したことを発表した。

山本左近は、今週末の開幕戦オーストラリアGP、および来月の第2戦マレーシアGPと第3戦中国GPで、ティモ・グロックとジェローム・ダンブロシオのバックアップを務める。

山本左近、F1アブダビGP出場ならず

2010年11月11日
山本左近
山本左近は、F1アブダビGPに出場しないことが明らかになった。

ヒスパニア・レーシングは、F1アブダビGPにむけてリリースを発表。ブルーノ・セナとクリスチャン・クリエンのレースに向けてのコメントを掲載した。

山本左近は、イギリスGPでブルーノ・セナに、ドイツGPからはカルン・チャンドックに代わってヒスパニア・レーシングでレースに出場。シンガポールGPでは“食中毒”という理由で欠場したが、続く日本GPと韓国GPではレースに戻っていた。

山本左近、F1アブダビGPも逃す?

2010年11月9日
山本左近
山本左近は、最終戦F1アブダビGPにも出場できないかもしれない。

先週末のF1ブラジルGPで、ヒスパニア・レーシングははっきりとした理由を告げることなく山本左近に代えてクリスチャン・クリエンをレースに出場させた。

クリスチャン・クリエンは、現在アブダビへと向かっている。

山本左近 「次のチャンスを掴まえにいきたい」

2010年11月5日
山本左近
山本左近が、ブラジルGPを欠場することになった心境を語った。

ヒスパニア・レーシングは、今週末のF1ブラジルGPで山本左近に代えてクリスチャン・クリエンを起用することを発表。

ドライバー交代の理由については明らかになっていないが、山本左近は自身のブログで現在の心境を語った。

クリスチャン・クリエン、山本左近に代わってブラジルGPに出走

2010年11月5日
クリスチャン・クリエン
山本左近に代わり、今週末のF1ブラジルGPではクリスチャン・クリエンがヒスパニア・レーシングから参戦することが明らかになった。

クリスチャン・クリエンは、シンガポールGPでも山本左近と交代したことがある。チームはそのとき、山本左近は食中毒だと述べていた。

そして今週末のインテルラゴスでもクリスチャン・クリエンがブルーノ・セナのパートナーとしてコックピットに座ることになった。

山本左近 「これからも集中して全力で頑張る」 (F1韓国GP)

2010年10月26日
山本左近
山本左近が、15位完走を果たしたF1韓国GPを振り返った。

ヒスパニア・レーシングは、鈴鹿に続き2戦連続でダブル完走。予選ではブルーノ・セナを上回った山本左近。レースでもヒスパニアでのベストリザルトとなる15位完走を果たした。

「予選では、本当に良いラップタイムを出せたし、決勝は、雨で大変なサバイバルレースとなりましたが、そんな中で鈴鹿に引き続き今季自己ベスト&チームベストを更新できたことはとても嬉しいことだと思いました」と山本左近は語る。

ヒスパニア・レーシング:山本左近が15位完走 (F1韓国GP)

2010年10月24日
山本左近 F1韓国GP
ヒスパニア・レーシングは、F1韓国GPの決勝レースで、ブルーノ・セナが14位、山本左近が15位で、2戦連続のダブル完走を果たした。

山本左近 (15位)
「今日は、チームにとって最高の結果でしたし、それについてはとても満足しています。波乱のレースでしたし、スタート後はトラックにあまりに水が多かったので、中断は正しい決断だったと思います。そのあと、セーフティカー出動中に何台かがインターミディエイトに交換していましたが、僕たちはより多くの雨が来ると考えてウェットタイヤで留まってました。トラックは予想よりも早く乾いていって多くのタイムを失ってしまったので、僕たちもインターミディエイトに交換しました。タイヤを管理することができましたし、レース全体で良いペースを刻むことができました。ずっと懸命に作業してくれたチームと応援してくれたファンの皆さんに感謝したいです」
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム