ニッキー・ヘイデン 事故
バレンティーノ・ロッシが、交通事故で入院中のニッキー・ヘイデンに思い出の手紙を送った。

元MotoGPチャンピオンのニッキー・ヘイデンは、17日(水)の午後、イタリア・リミニの近くを自転車で走行中、交通事故に遭遇。重度の脳損傷と診断され、現在、チェゼーナのマウリツィオ・ブファリニ病院の集中治療室で治療が行われている。

2003年と2010年、2011年にチームメイトを務め、2006年に最終戦までタイトル争いを繰り広げたバレンティーノ・ロッシは、ライバルであるニッキー・ヘイデンの回復を願って手紙を送った。

「ニッキーは、パドックでのベストフレンドの1人だった。初めてヨーロッパにデビューするヤングライダーとして、デビューシーズンとなった2003年に僕たちはチームメイトだった。あのシーズン、僕はタイトルを獲得し、彼はフィリップアイランドで初表彰台を獲得した。それから数年後、僕たちはバレンシアでのラストレースまでタイトルを争った。僕にとっては不運だった。僕を破り、彼はチャンピオンに輝いた。レース後、僕たちはお互いの健闘を称えて握手を交わし、抱擁した。」

「数年後、僕たちは困難な時期だったドゥカティで再びチームメイトとなり、総合5位を追求するために懸命に闘った。彼は頻繁に僕のモーターランチに来てくれ、彼の走りを見るのはいつもスペクタクロだった。彼らはフラットトラックで世界最速ライダーの1人で、アスファルトに転向する前には、ペオリアTTのような全米最大のフラットトラックレースで勝利を挙げたから、お互いにバトルをしながら、彼のライディングのシークレットを盗もうとしていた。」

「一番の思い出は、2015年のバレンシア。不運なレースとなってしまった後、名誉のラップのときに、僕と握手を交わすために近づいて来てくれたこと。彼にとってはMotoGPに別れを告げるときで、僕はチャンピオンシップを失ったときだった。ヘルメットの中から彼のサポートが見えた。あの日にとって、数少ないポジティブな思い出の1つだった。フォルツァ・ニッキー、僕たちは君と一緒にいる。」

関連:ニッキー・ヘイデン、重度の脳損傷との診断

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: バレンティーノ・ロッシ | MotoGP