ヤマハ、MotoGP引退のバレンティーノ・ロッシに感謝のコメント
9度の世界チャンピオンに輝いた伝説のライダー、バレンティーノ・ロッシが、2021年シーズンをもってMotoGPライダーを引退することを発表した。ヤマハ発動機株式会社とヤマハ・モーター・レーシングは、今も継続中である16年間の素晴らしいパートナーシップに心よりの感謝の意を表した。

ヤマハとバレンティーノ・ロッシのパートナーシップは2004年、南アフリカGPでの勝利から始った。

以来、サーキットの内外で数々の素晴らしい瞬間を共有し、現在までに142回の表彰台、56回の優勝、そして2004年、2005年、2008年、2009年と4度のMotoGP世界選手権のチャンピオンを獲得した。

バレンティーノ・ロッシのこの驚異的な戦績、レースへの情熱、そして無類のカリスマ性は、ヤマハとMotoGPの歴史に多大なる影響を与えており、世界中で認められているロッシは、「GOAT」(Greatest of All Time)という称号を得ている。

ヤマハが「2022年にゼッケン46をつけるバレンティノ・ロッシ選手がMotoGPに出場しないということは、当社にとっても、MotoGPにとっても、ひとつの時代が終わることを意味します。しかし、当社とヤマハ・モーター・レーシングは、2021年以降も『VR46 Riders Academy』や『YAMAHA VR46 Master Camp』などを通じ、ロッシ選手との緊密な協力関係を維持していく予定です」と声明で述べた。

「今回の引退発表と新たなキャリアへの移行は、ロッシ選手がMotoGPライダーとして戦う残りの数ヵ月間のモチベーションに影響を与えることはありません。当社も、MotoGPレジェンドであるロッシ選手の貢献に感謝し、残る9戦が特別なパートナーシップを締めくくるにふさわしいレースとなるよう、最善を尽くします」

日髙祥博(ヤマハ発動機株式会社 代表取締役社長)
「はじめに、この場をお借りしてロッシ選手との素晴らしいパートナーシップに感謝の意を表します。ロッシ選手がコースやパドック、そして私たちとともにいないことは非常に寂しいことですが、私たちはロッシ選手の決断を尊重します。同時に、ともに築き上げてきたグランプリでのレガシーは大きな誇りです。私たちがパートナーとして過ごした16年間は、壮絶な戦いと勝利に満ち溢れていました。ヤマハはファンやお客さまに“感動”をお届けすることを企業理念としていますが、ロッシ選手のヤマハにおける全キャリアは、特別な価値のあるものに出会ったときに感じる強い満足感と、大きなエキサイトメントそのものでした。今回、ロッシ選手がMotoGPキャリアの最後までヤマハのライダーであり続けてくれたことを、社員一同、大変うれしく思っています。当社とロッシ選手の間には素晴らしい思い出がたくさんあり過ぎて、最もうれしかった瞬間をあげようとしてもひとつに絞ることはできません。困難なこともありましたが、信頼関係は決して揺らぐことなく、長年にわたって強固なパートナーシップを継続してきました。その間のロッシ選手の功績は、サーキットの内外に広がり、ヤマハのレース史における重要な役割を果たしてくれました。 信じがたいほどの努力と類まれなスキル、そして尽きることのない情熱に感謝し、そのサクセスストーリーをともに歩むことができたことを誇りに思います。私たちは、ともに築き上げた貴重な思い出を永遠に大切にしながら、今後も当社との関係性を維持し活躍していただくことを期待し、その思い出をさらに増やしていきたいと思います」

リン・ジャービス(ヤマハ・モーター・レーシング・マネージング・ダイレクター)
「まず、ヤマハ・モーター・レーシングを代表して、これまでの特別なパートナーシップに心から感謝します。ロッシ選手が16年間にわたりヤマハのライダーとして活躍してくれたおかげで、私たちは伝説的なグランプリの時代にキープレーヤーであり続けることができました。ヤマハとロッシ選手のパートナーシップは、まるでおとぎ話のように始まりました。ロッシ選手は、ヤマハで最初のレースとなった2004年のウェルコムで、見事な優勝を成し遂げました。それは、ヤマハのMotoGPレースプログラムを一変させ、チャレンジ精神を取り戻して再びMotoGP世界チャンピオンになるための自信を与えてくれました。こうして2004年から現在までに264戦に出場して56勝をあげ、2位を46回、3位を40回獲得し、2004年、2005年、2008年、2009年と4度のMotoGP世界選手権のチャンピオンを獲得しています。ロッシ選手は生ける伝説であり、その成功と才能は、ヤマハのレース史に多大な貢献をしました。また困難な時には、彼のポジティブな考え方が周囲を後押しし、良い結果を得るための努力の源となりましたが、これもロッシ選手のMotoGPに対する強い情熱があったからこそです。ロッシ選手の輝かしいグランプリでのキャリアに終わりが来ることは、誰もがわかっていました。ロッシ選手の比類なきスキルとカリスマ性は、ファン、メディア、MotoGPパドック、そしてヤマハのスタッフ全員から非常に惜しまれるものとなるでしょう。2021年の残りのグランプリで、ロッシ選手の走りを堪能できる機会はあと9回あります。その意味で、これから開催されるレースでファンが戻って来てくれるとすれば非常にうれしいことです。残りのレースを楽しみ、11月のバレンシアGPではロッシ選手に感謝の気持ちを伝えたいと思います」

バレンティーノ・ロッシが残した記録
26シーズンにわたってグランプリに参戦し、42歳の今もなお戦い続けているバレンティーノ・ロッシは、史上最も偉大なライダーの一人。そのキャリアのなかでマイク・ヘイルウッド、カルロ・ウッビアーリと並ぶ全クラスで合計9回のチャンピオンを獲得。ジャコモ・アゴスチーニとアンヘル・ニエトだけがその数を上回っている。ヤマハで264戦中56勝のロッシは、ヤマハの歴代チャンピオンの中で最も成功したライダー。さらには、5種類のレーシングマシン(500cc4 気筒2ストローク、990cc 5気筒4ストローク、ヤマハ990cc 4気筒4ストローク、ヤマハ800cc 4気筒4ストローク、ヤマハ1000cc 4気筒4ストローク)で最高峰クラスのチャンピオンを獲得した唯一のライダーでもある。

●これまでヤマハで264戦に出場し、優勝56回、2位46回、3位40回を獲得してきたヤマハ史上最も成功したライダー。
●1996年にグランプリデビューを果たして今季で26年目を迎えており、グランプリで最も長く活躍。これまで423戦に出場し、そのうち363戦が最高峰クラス。
●ヤマハでMotoGPクラスに参戦した期間(今季で16年目)が最も長いライダー。
●ヤマハで142回の表彰台に立ち、MotoGPクラスに参戦したヤマハライダーの中で最も多くの表彰台を獲得している。
●MotoGPクラスでヤマハ最多となる56勝を獲得している。
●1996年のマレーシアでのデビューから2010年のムジェロでまで連続230レースを欠場することなく完走している。
●グランプリの全クラスで423戦、最高峰クラスでは363戦(264戦がヤマハでの出走)に出場。全クラスおよび最高峰クラスでの最多出場記録を保持している。
●2004年の開幕戦、南アフリカGPで優勝し、異なるメーカーで最高峰クラスの連覇を達成した初のライダー。
●2005年には11勝をあげ、ヤマハライダーでは最多となる年間優勝回数を記録している。
●最高峰クラスで199回、全クラス合計で235回の表彰台に立っている。
●グランプリライダーの中で唯一、ラリーでも活躍している(モンツァ・ラリーで7回の優勝経験があり、アブダビのヤス・マリーナ・サーキットで開催された2019年ガルフ12時間レースのGTE Amクラスで優勝)。
●ヤマハがグランプリで獲得した516勝のうち、最多となる56勝(11%)を獲得している。
●現役のグランプリライダーであり、同時にチームオーナーでもある唯一の存在。
●125cc、250cc、500cc、MotoGPの全クラス合計で6,330ポイントを獲得している(2021年スティリアGP以前)。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バレンティーノ・ロッシ / MotoGP