ニコ・ロズベルグ メルセデスGP 移籍
2010年にメルセデスGPへ移籍することが決定したニコ・ロズベルグが、メルセデスGPについて、そして2010年の目標について語った。

来年の目標は何ですか?
目標は、とても高い位置にいることだ。少なくともレースに勝ちたいし、そのあと様子を見てみるつもりだ。マシンがどうなるかを知るには数カ月待たなければならないけど、僕たちが力強いパッケージを持てとを確信している。

50年間ぶりにドイツ人がシルバーアローのグランプリカーでレースをすることをどう考えていますか?
素晴らしいことだね。かなり特別なことであるのは明らかだ。最後にドイツ人がシルバーアローでレースをしたのは1955年なので、かなり昔だよね。ドイツ人が再びシルバーアローに乗ってもいい頃だと思うよ。

ニキ・ラウダは、あなたがジェンソン・バトンやルイス・ハミルトンを打ち負かす才能を持っていると言っています。それについてはいかがですか?
彼からそれを聞いてとても嬉しかったし、僕もレースドライバーとしての自分を信じている。素晴らしいクルマを持てると確信しているので、来年が本当に楽しみだし、彼らを打ち負かせると本気で考えているよ。

二人のうち、タフなのはどちらですか?
難しいね。彼らと戦う来年になればわかるだろう。僕にはわからない。ルイスとレースをしていたので、ルイスは素晴らしいドライバーなのは確かだし、ジェンソンのことを言うは少し難しいけど、素晴らしいドライバーなのは確かだ。

あなたは自分をドイツ人と思っていますか?それともフィンランド人ですか?
間違いなくドイツ人だと考えているよ。僕はドイツの文化で育ったし、自宅ではドイツ語を話して、ドイツのテレビを見ていたからね。かなり単純なことだ。だから、僕は全体的にドイツ人だよ。

あなたは1年間、2010年に向けて多くの選択肢があると言っていました。あなたは今、F1で数少ない自動車メーカーチームと契約しました。決定で重要な要因でしたか?
僕の決定で重要な要因だったのは確かだ。メルセデスのような素晴らしい自動車メーカーの一員になることは素晴らしいことだし、ブラウンGPだったチームと一緒になることは、僕にとって最高の組み合わせだ。

もう一台のクルマをミハエル・シューマッハがドライブすることになったら、彼を打ち負かせる自信はありますか?
ごめんなさい。それについてはコメントしたくない。

もう一台のクルマのドライバーがジェンソン・バトンではないことに驚いていますか?
どうなるかは決してわからなかった。そうなる高いチャンスはあったけど、今はそうではない。そんな感じだよ。どうなるかには関与していなかったので、少しは驚いたけど、それほどでもなかったよ。

ドイツ人のチームメイトを望みますか?
チームメイトが誰でもあまり気にはならないよ。メルセデスGPのために一緒に攻撃することができるゆに、彼がグループにうまくフィットするかが重要だ。

すでにファクトリーには行きましたか?来年のクルマについて何か知っていますか?
発表されるのを待っていたので、水曜日にファクトリーに行くことになっている。来年のクルアについてはトスやエンジニアと連絡ととっていたけど、実際に水曜日に攻撃を始めるつもりだ。ファクトリーを訪れるのを楽しみにしているし、F1で昔から知っている人もたくさんいるので、再び彼らと会うのは素晴らしいだろうね。

誰が主なライバルになると思いますか?
現時点ではチームについて言うのがベストだと思う。主なライバルはたぶんフェラーリ、マクラーレン、レッドブルになると思う。

あなたはメルセデスと契約した最初のドライバーです。自分をチームリーダーだと考えていますか?
チームリーダーになることは僕が実際に望んでいることだ。頑張るつもりとだし、チームと働いて、チームから尊敬を得て、技術的な方向をプッシュして、トラック上で結果結果を出すことで実現できることだ。作り上げなければならないことだし、すぐにそうなるよう試みるつもりだ。

関連:
メルセデスGP、ニコ・ロズベルグの起用を正式発表 - 2009年11月23日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ニコ・ロズベルグ | メルセデス