F1 ニコ・ロズベルグ ケケ・ロズベルグ モナコグランプリ モンテカルロ市街地コース
ニコ・ロズベルグとケケ・ロズベルグは、5月24日(木)にモンテカルロ市街地コースでそれぞれがタイトルを獲得したF1マシンでデモ走行を実施した。

F1モナコGPのフリー走行後、ケケ・ロズベルグは1982年のタイトル獲得マシン『ウィリアムズ W08』、ニコ・ロズベルグは2016年のタイトル獲得マシン『メルセデス W07』でデモ走行を実施。ケケ・ロズベルグは当時と同じデザンのレーシングシーツに身を包んだ。

2周の走行でケケ・ロズベルグはニコ・ロズベルグとポジションを入れ替えて走行。ニコ・ロズベルグはトンネル出口でフロントタイヤをロックさせる場面もあった。

F1で親子でチャンピオンを獲得したのは、ロズベルグ親子以外では、グラハム・ヒルとデイモン・ヒルの親子だけ。グラハム・ヒルは1975年に他界しており、存命している親子F1チャンピオンはロズベルグ親子だけとなっている。

ケケ・ロズベルグは、息子のニコ・ロズベルグが2006年にF1デビューを果たして、10年後にワールドチャンピオンを獲得するまであまりパドックに姿を見せることはなかった。

父親をデモ走行に参加させるのは大変だったかと質問されたニコ・ロズベルグは「もちろんさ。彼はF1のプレスの世界を避けることを選んでいたからね。ここに来て、クルマをドライブすれば、それは避けられないからね」とコメント。

「だから、簡単なことではなかった。とても戦略的に取り組まなければならなかったよ。でも、今、彼は本当に嬉しそうなんだ。彼は本当に楽しんでいたし、見ていてクールだった。本当の嬉しかったよ」

ニコ・ロズベルグは、ケケ・ロズベルグが2周目にコーナースピードを上げていったことを心配していたと語る。

「最後のラップで彼がコーナーでかなりプッシュし始めたのでちょっと心配になったよ。『父さん、頼むから気楽にいってくれ。とにかく、最後まで無事に終える必要がある』ってね」とニコ・ロズベルグは語った。

ニコ・ロズベルグとケケ・ロズベルグがモナコで親子F1デモ走行ニコ・ロズベルグとケケ・ロズベルグ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ニコ・ロズベルグ