ニコ・ロズベルグ
ニコ・ロズベルグは、F1ベルギーGPのレースが、スタートの失敗で“完全に台無しになってしまった”と認めた。

今回のF1ベルギーGPからスタート規約が改変され、チームはドライバーに理想的なクラッチセッティングなどを無線で伝えることができなくなた。

2番グリッドからスタートしたニコ・ロズベルグだったが、スタートで失速し、5番手まで順位を下げた。

一方、ポールシッターのルイス・ハミルトンはクリーンなスタートを切り、ニコ・ロズベルグが2番手まで挽回した際にはすでに8秒前にした。

フィニッシュまでにその差は2秒まで縮まったが、ルイス・ハミルトンは常にレースをコントロールしており、チャンピオンシップのリードを28差まで広げた。

「スタートで完全に台無しになってしまった。とても腹立たしかった」とニコ・ロズベルグはコメント。

「スタートは本当に悪かったし、もう少し練習する必要がある」

「前がクリーンエアーのときはルイスを追うことができたし、彼が引き離した第2スティント以外は常に近づいていた」

「ルイスを追い詰めようとしたけど、十分ではなかった」

ニコ・ロズベルグは、ニコ・ロズベルグ(フォース・インディア)にトラブルがあり、えくすとらフォーメーションラップとなったことで、クラッチが機能しなかった要因だと感じている。

「フォーメーションをやり直したことで温度が高くなり、状況が変わった。そこでも失敗してしまった」

「それをうまくやるのが僕の仕事だけど、うまくできなかった」

関連:F1ベルギーGP 結果:ルイス・ハミルトンが優勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ニコ・ロズベルグ | メルセデス