ロビン・フラインス
ザウバーの若手ドライバーテスト初日の走行を担当したロビン・フラインスは、72周を走行して1分34秒236を記録した。

ロビン・フラインス
「とても忙しい一日だった。午前中は空力テストから開始して、多くのインストレーションラップを行った。午後は少し走行時間を失ってしまったけれど、クルーが素早くクルマを直してくれたので、午後2時30分以降はセッションが終わるまでずっとマシンに乗っていることができた」

「高速コースでF1マシンをドライブするのは今回が初めてだった。ヤス・マリーナはちょっと低速だからね。これだけ高速だと楽しい。早くに慣れることができた。マゴッツ、ベケッツ、チャペルはいつ走ってもちょっと難しい。だから、順応する必要はあったけど、最後はとてもうまくいった。ハードタイヤで多くの周回を重ねたけど感触は悪くない。ミディアムタイヤはまだそれほど快適さを感じられていないので、その点に関してはまだ作業が必要だと思う。でも、たくさんの距離を走ることができたし、いろんなものを試すことができた。このチームと働くことはとても楽しい。みんな、とても速いしね」

ロビン・フラインス (ザウバー)

関連:2013年 F1若手ドライバーテスト初日:マグヌッセンがトップタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロビン・フラインス / ザウバー