ダニエル・リカルド、レッドブルF1との「リザーブ契約完了」は否定
ダニエル・リカルドは、2023年F1シーズンにリザーブドライバーとしてレッドブルに戻る契約に同意したことを否定した。

ダニエル・リカルドは、オスカー・ピアストリが2023年のランド・ノリスの新しいチームメイトとして契約された後、今週末のF1アブダビGPでマクラーレンF1での最後のレースに出場することになる。

2023年のグリッドの残りのF1シートを逃したダニエル・リカルドは、2024年にフルタイムでF1に復帰することを目指しており、2023年もある程度F1に留まりたいという願望を隠していない。

8回のレースウィナーであるダニエル・リカルドは、ここ数週間でレッドブルもしくはメルセデスでのリザーブドライバーの役割に強く結びついているが、メルセデスのポジションはミック・シューマッハとの競争に直面する可能性がある。

レッドブルとの契約すれば、ダニエル・リカルドはレッドブルのジュニアスキームを経て、2014年から2018年の間に7回の勝利を挙げ、F1キャリアの中で最も生産的な年を過ごしたチームにセンセーショナルな復帰を果たすことになる。

先週末のF1ブラジルGPで1周目のリタイアの後、近い将来、F1アブダビGPが最後のF1レースになる可能性が高いリカルドリカルドは、契約は差し迫ったものではないと主張した。

将来が決定に近づいているかと質問されたダニエル・リカルドは「まったくそんなことはない」とGPFansに語った。

「まだ近いものや確認されたものは何もない。何かを作ることができるけど、みなさんに話す新しいことは何もない」

レッドブルとの取引は“完了”していないのかと追及されたダニエル・リカルドは「完了していない。今はそう言える。何も完了していない」とコメント。

「前に言ったけど、僕には隠すものは何もない。契約上の観点からさえ、僕は自由に話すことができると思うけど、何も完了していない」


「信じてほいいけど、何かが行われたら僕はそれを言うつもりだ。それを妨げるものは何もないからね」

ヘルムート・マルコはブラジルでダニエル・リカルドと話し合いが行われていることを認めたが、チームとの合意は2023年のリザーブの役割のみをカバーしていると主張し、2024年にレースに戻る彼のキャンペーンを直接支援することには至らなかった。

ヘルムート・マルコは「我々はリカルドと交渉している。だが、それは主にリザーブドライバー、シミュレータードライバー、さまざまなプロモーション出演の役割であり、レーシングコックピットに関して確固たるコミットメントを行うことはない」とORFに語った。

それにもかかわらず、契約が完了した場合、レッドブルの姉妹チームであるアルファタウリのシートが、ダニエル・リカルドが2024年にカムバックする可能性のあるオプションとして浮上する可能性が高い.

ダニエル・リカルドは以前、2012 年から 2013 年までトロ ロッソを名乗っていたチームで運転していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / レッドブル