ダニエル・リカルド 「2023年のプランAはF1レースシートの確保」
ダニエル・リカルドは、2023年の彼の主な野心はF1レースシートを確保することだが、長期的な視点を考えたいと語る。

マクラーレンは、2023年のドライバーとしてルーキーのオスカー・ピアストリを獲得することを選択し、ダニエル・リカルドは契約より1年早い2022年末にチームを去ることになった。

2023年のダニエル・リカルドの選択肢は減少しており、アルピーヌF1チームはリカルドを再雇用することに興味を持っているとは理解されておらず、ウィリアムズとハースを中心に欠員はほとんど残っていない.

F1シンガポールGPに先立って、ダニエル・リカルドは「僕はまだF1の一部でいたいと思っている」と述べた。

「もちろんプランAはグリッドに並ぶことだ。でも、前にも言ったように、ただ空いているシートに飛びつきたいわけではない」

「僕のチームはほぼ全員と話をしているし、彼らは会話をしている。すべてをまとめて、何が最も理にかなっているかを理解しようとしている」

「僕たちはデューデリジェンスを行って何がベストかを考えているところだ。僕はレースをしたいと思っているけど、次の12 か月だけを見たくないし、24か月で来年以降を見ようとしている」

ダニエル・リカルドは、下位チームでドライブするか、トップチームでリザーブドライバーの役割を担うかのいずれかが「2つの現実的な選択肢」があることに同意し、将来の求婚者との話し合いによって励まされたと語る.

「会話は非公開だけど、世の中にはまだ多くのポジティブ的な意見や褒め言葉がある」とダニエル・リカルドは語った。

「多くの人がこのスポーツに参加して、それがどのように機能するかを見てきたと思う。最後のレースほど良いものはないということわざがあるけど、多くの人は、僕がこれを行う方法を忘れていないことを高く評価している」

「いい言葉をかけてもらっているし、その気持ちを持ち続ける自信に満ち溢れている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン