ダニエル・リカルド、F1キャリアが不確実性のなかで個人スポンサーとの契約を延長
ダニエル・リカルドは、2023年にマクラーレンのF1シートを失いそうだが、シングテル・オプタスとの個人スポンサー契約をさらに2年間延長した。

ダニエル・リカルドは、2020年にオーストラリアの電気通信会社であるシングテル・オプタスと初めて提携。同社は当時、リカルドが「積極性と楽観主義を発している」完璧なブランドアンバサダーであると語った。

新しいスポンサー契約を獲得したダニエル・リカルドの成功は、2022年のコックピットでの苦戦とは対照的だ。

マクラーレンは現在、ダニエル・リカルドと2023年の契約を結んでいるが、チームは将来性の高いオスカー・ピアストリと交代するためにリカルドに契約から解除する意向で伝えたと報じられている。

契約解除の条件については現在交渉が進行中だが、ダニエル・リカルド陣営は2,100 万ドル程度の金銭的和解を求めていると伝えらえている。

最近の苦難にもかかわらず、ダニエル・リカルドは依然として非常に市場性の高い個人であり、LinkedInでがオーストラリアのトップ10インフルエンサーの1人だ。

Netflix のDrive to Surviveシリーズでのダニエル・リカルドの存在感は、彼がF1で最も人気のあるドライバーの1人になることに貢献した。

ダニエル・リカルドは、エレンやデイリー ショーなどの著名なアメリカのテレビ番組にも出演しており、ディズニーが支援するストリーミング サービスのHulu から委託されたF1シリーズでエグゼクティブ プロデューサーを務める予定となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン