「ダニエル・リカルドは笑顔を取り戻す必要がある」と元F1ドライバー
元F1ドライバーのフェリペ・マッサは、ダニエル・リカルドがマクラーレンF1で彼のフォームを再び見つけ出すためには、まず「笑顔を取り戻す必要がある」と語る。

昨年のモンツァでの勝利にも関わらず、ダニエル・リカルドのマクラーレンF1でのキャリアは軌道に乗っておらず、チームでの将来について憶測が渦巻いている。

マクラーレン・レーシングのCEOであるザク・ブラウンは、2023年まで結んでいるダニエル・リカルドとの契約には早期契約終了の「メカニズム」があると語り、その憶測に火に油を注いだ。

フェリペ・マッサは、ダニエル・リカルドが立ち直るためには、F1で楽しみを再発見する必要があると語った。

モナコグランプリ後のF1TVのショーでフェリペ・マッサは「僕たちは彼が再び笑顔になるのを見る必要がある。彼は楽しむ必要がある」と語った。

「僕もフェラーリでトリッキーな時間を過ごした。何かがおかしくなった瞬間に、正しい方法で集中できなくなった。リラックスできず、ハッピーではない」

「ジョージ・ラッセルがモナコで『僕はハッピーだ、楽しんでいる。物事は簡単だ』と言っていたのを知っている。ハッピーである必要があるし、チームとの関係を楽しむ必要がある」

「とにかく彼(リカルド)は笑顔を取り戻して、楽しむ必要があるだけだと思う」

ザク・ブラウンのような人たちがそれほど支持的なコメントをしていない場合、楽しむのがどれほど難しいかろ質問されたフェリペ・マッサは、そういった話は「彼がトラックでできることと比較して小さい」と答えた。

「彼は素晴らしいドライバーだと思うし、ダニエル・リカルドのレベルにいるとき、彼のドライバーとしてのレベルは本当に高く、信じられないほどだ。彼はこの話を心配しなくていい」とフェルペ・マッサは語った。

「この話は彼がトラックでできることと比べると小さいので、トラックでしなければならないことに集中する必要がある。『来年の契約があるかどうか関係ない』と集中する必要がある」

「それは内に秘める必要がある。心配する問題ではない。問題は異なる。結果を出すために、ハッピーになる方法と楽しむ方法を理解することだ」

ダニエル・リカルド自身は上司のコメントに心を奪われていないようで、彼の肌は「日焼けしていて美しく、そしてまた厚い」と言った。

「コメントだけど、個人的には気にしていない。僕の肌は日焼けしていて、美しく、そして厚い」とダニエル・リカルドは語った。


「そして、自分が10位、12位でレースをしたくないことを知っている。僕は今でも自分がトップにいて、トップに立つことができると信じている」

「もちろん、立ち上がって、この車を自分自身を最大化しようとするという点で少し試練が与えられているのは確かだ」

「でも、僕たちは一緒に一生懸命取り組んでいる。そして、チームはそれを望んでいる。僕はそれを望んでいる。僕たちはそれを乗り越えていく」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン / フェリペ・マッサ