ジェンソン・バトン 「マクラーレンF1代表のリカルドへのダメ出しは驚き」
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、マクラーレン・レーシングのCEOであるザク・ブラウンが、ダニエル・リカルドを公然とダメ出ししたことに「驚いて」とり、F1チームはドライバーを保護する必要があると語る。

ダニエル・リカルドは、今シーズンが厳しいと感じていることを認めている。7レースを終えて、リカルドは1回したトップ10フィニッシュを達成していない。

マクラーレン・レーシングのCEOであるザク・ブラウンは、ダニエル・リカルドが2021年にチームに加入して以来、チームの「期待に応えていない」とメディアを通して語った。

その後、ザク・ブラウンはさらに一歩進んで、マクラーレンF1がダニエル・リカルドの3年間の契約を尊重する必要がない「メカニズム」を明らかにした。

ジェンソン・ボタンは、ザク・ブラウンの状況管理に感銘を受けていない。

「ザクは自由な男だし、僕が彼の考えや、彼の発言を変えることはできないけど、彼が出てきてそんなことを言ったことに驚いた」とSky Sport F1に語った。

「チームの全員がドライバーを保護する必要がある。F1は本当にメンタルゲームだ。彼ら全員が非常に優れたスキルを持っているけど、頭が適切な場所になければパフォーマンスを発揮できない」

「ザクが出てきて、期待に応えていないと言ったのには驚いた。僕たち全員がそれを分かっている。でも、チームのプリンシパルが出てきてそれを言うのはは間違いなく痛い。ダニエルの反応からも痛いことが分かる」

「彼らがレース以来話をしてくれて、今年の残りの期間、ダニエルと彼の周りのチームを本当に最大限に活用することに集中できることを願っている。そこから彼が将来どこに行くのかを見ていこうと思う。ドライバーにとっては簡単な状況ではない」

「そして、僕たちはいろんなことを目にする。ダニエルが事件を起こし、エンジニアは『車は大丈夫か?』言い、ダニエルは『僕は大丈夫だ』と答えたといったことなどね。ザクがダニエルについてネガティブな発言をしているのを聞くとすぐに僕たち全員が理解する。制御不能になっていくだけだ」

ジェンソン・ボタンが言及したその会話は、マクラーレンがドライバーよりも車に関心を持っているように見えたモナコグランプリのプラクティスのクラッシュ直後のダニエル・リカルドと彼のエンジニアのものだ。

ダニエル・リカルドは、2023年もマクラーレンと契約を結んでいることを明らかにしているが、ジェンソン・バトンは、マクラーレンがリカルドを追い出したいと思っているなら、リカルドが状況を押し上げることはないと考えている。

「ダニエルは非常に強いポジションでチームに入った」とジェンソン・バトンは語った。

「契約は彼に有利だと思うけど、そこには常に条項がある」

「公平を期すために、チームが彼らのために運転することを望まない場合、そこにいたくないものだ。そして、その逆も同様だ。通常、契約の条項よりも簡単な方法がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン