F1:ダニエル・リカルドが感じたマクラーレンとレッドブルの風土の違い
ダニエル・リカルドは、マクラーレンのザク・ブラウンとレッドブルのヘルムート・マルコの性格は“非常に異なる”が、どちらもF1での最終目標は同じだと語る。

ダニエル・リカルドは、F1で最も活気に満ちたパーソナリティの一人であるザク・ブラウンと、最も要求の厳しい人物の一人であるヘルムート・マルコと仕事をし、二人の仕事のやり方を比較できるユニークな立場にいる。

ダニエル・リカルドは、レッドブルのジュニアプログラムを生き抜いて2014年にシニアチームに昇格し、レッドブル・レーシングのドライバーとして5シーズンを過ごした後、ルノーに移籍し、その2年後に現在の所属チームであるマクラーレンに加入した。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、メディアインタビューでドライバーのパフォーマンスを批判するなど、F1の他のシニアと比較して、彼のアプローチは外れ値と見なされている。

だが、ダニエル・リカルドは、78歳のヘルムート・マルコが、未だにF1とレッドブルの両方のチームにいかに熱心に取り組んでいるかを称賛する。

「彼らの性格は非常に異なっている」とダニエル・リカルドは Beyond the Grid で語った。

「ご存知のように、ヘルムートは言葉の少ない男だ。ザクはおそらく僕と同じくらいおしゃべりだ!」

「しかし、類似点は、彼らが二人ともハングリーだということだ。彼らのパーソナリティを通して、彼らは異なる方法でそれを示しているかもしれない。でも、彼らは二人ともこれをすることにとてもハングリーだ」

「ヘルムートのことは誰もが知っている。彼がまだすべてのレースに帯同していることはそれ自体を物語っている。僕はいつも彼を尊敬しているし、それについてヘルムートを賞賛している」

ザク・ブラウンとチーム代表のアンドレアス・ザイドルの現在のマクラーレンの経営陣について、ダニエル・リカルドは雇用主とのダイナミックさを楽しんでいると語った。

ダニエル・リカルドは、ザク・ブラウンのモータースポーツへの熱意は伝染性があり、組織としてマクラーレンを改善したいというノックオン効果を生んでいると語る。

「ザクはそれをやりたいと思っている。彼はレースが大好きだ」とダニエル・リカルドは語った。

「彼は最大のファンであり、最もポジティブな方法でやっている。それは彼により良いチームを作りたいという願望を与えている」

一方、アンドレアス・ザイドルに関しては、チームが日々どのように運営されているかについて、必要に応じて厳しい決定を下すことができる人物だとダニエル・リカルドは語る。

「アンドレアス(ザイドル)は“ドイツの効率”と呼べるものを持っている。彼にはチームに必要な闘争本能がある。それは権威を持つことだけでなく、周りの人々にその信頼されるためにも必要なことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / レッドブル / マクラーレン