ダニエル・リカルド、PUコンポーネント交換で最後尾に降格 / F1トルコGP
マクラーレンは、F1トルコGPの決勝に向けてダニエル・リカルドのPUコンポーネントを交換。リカルドは最後尾からレースをスタートすることになる。

ダニエル・リカルドは、F1トルコGPでまさかのQ1敗退を喫し、カルロス・サインツの降格によって15番グリッドからスタートする予定あった。

一晩で状況を評価した後、マクラーレンはダニエル・リカルドのエンジンを新しいコンポーネントに交換する機会に利用することを選択した。

だが、マクラーレンは、パワーユニット一式ではなく、ICE(内燃エンジン)、ターボチャージャー、MGU-H、およびエキゾーストシステムのみを交換することを選択した。

戦略的なエンジンの変更により、ダニエル・リカルドは、カルロス・サインツのすぐ後ろからF1トルコGPをスタートする。

フェラーリは、F1トルコGPの週末に先立ってアップグレードされたエンジンをカルロス・サインツのマシンに取り付けたことで、サインツはグリッドペナルティが適用される。

F1トルコGPでは、現時点で合計3人のドライバーがグリッド降格となる。メルセデスが内燃エンジンを交換した後、予選でトップタイムを記録したルイス・ハミルトンは11番グリッドからスタートする。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン / F1トルコGP