ダニエル・リカルド 「レッドブルF1で自己満足してしまうのが怖かった」
ダニエル・リカルドは、レッドブルF1を離れた理由の一部は、周囲がとても快適だったため、“自己満足”してしまうことが怖ったと語った。

ダニエル・リカルドは、ジュニアカテゴリーとF1を通じてレッドブルと10年以上の付き合いをした後、2019年シーズンにルノー(現在のアルピーヌ)に移籍することを選択した。だが、ルノーでの2シーズンは期待した結果をもたらさず、ダニエル・リカルドは、今季からマクラーレンへと移籍した。

ダニエル・リカルドは、まだマクラーレンで完全にキャッチアップできていないと認めるが、チームとの複数年契約によって、最終的にはそれはさらに報われると感じていると語る。

「ある意味、自己満足になるのではないかと恐れていたので、レッドブルから抜け出した」とダニエル・リカルドは Formula1.com に語った。

「チームにとても満足していたし、みんなに精通していた。自分を見失ってしまうんじゃないかと心配していた。快適ゾーンから出て、新しいチームに行った方がいいんじゃないかとね」

「もう少しの仕事ともう少しエネルギーが必要だ。でも、僕は時間とともに感じてきている。それに、僕は今後数年間マクラーレンにコミットしている。それは報われるはずだ。6ヶ月の時かかるか、12ヶ月かかるかはわからないけど、もっと完全なドライバーになるはずだ」

「チームにとても満足している。僕たち全員が良い関係を築いている。プレシーズンに多くの作業を行ったので、スピードを上げる割合が高くなった。つまり、本来マシンを運転する方右方で快適に運転できるようになっているということだ」

ダニエル・リカルドのチームメイトであるランド・ノリスは、今シーズン、レベルを上げており、2つの表彰台を獲得し、F1フランスGPに先立ってリカルドの2倍以上のポイントを獲得している。

だが、マクラーレンでのキャリアの初期に遅れをとっていることに失望してはおらず、ペースを改善する時期として次のトリプルヘッダーをターゲットにして、今後数週間でランド・ノリスのベンチマークを目指すことができると語った。

「正直なところ、それは励みになる」と今シーズンのランド・ノリスの競争力についてダニエル・リカルドは語った。

「そこにはペースがあることを示しているからね。正しく理解すれば、特定のレースで表彰台を獲得できるということだし、それは励みになる」

「ネガティブには捉えていない。もっと良くなりたいと思うようにしている。僕はいつも自分がベストかどうかを見極めたいと言ってきたし、強いチームメイトがいると助けになる。それは僕の弱点のいくつかも示している」

「そこは僕が取り組める部分だし、それによってさらに完全なドライバーになることができる。脅威や否定的なものとは見なしていない。苦いわけではない。ペースは僕私が取り組む必要があることだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / レッドブル / マクラーレン