ダニエル・リカルド 「マクラーレンF1はワークスチームに劣らない」
ダニエル・リカルドは、マクラーレンF1は完全にメーカーが支援するワークスチームに“決して劣っていない”と主張する。

ダニエル・リカルドは、昨年の新型コロナウイルスによるシャットダウン中に2021年にルノーのワークスチームからマクラーレンに移籍することを発表し、F1パドックに衝撃を与えた。

「カルロス・サインツのニュースの後、僕も行動する時が来たと気づいた」とダニエル・リカルドは Auto Hebdo に語った。

「シーズンがまだ始まってさえいなかったので簡単な決断ではなかったし、ルノーに伝えるのはさらに難しいことだったけど、2019シーズンを念頭に置いて決断した。それはチームにとって非常に困難だった」

しかし、2020年にルノーは着実に進歩し、ダニエル・リカルドのマクラーレン移籍は後退であることに専門家は指摘している。

ルノーF1を去ることに失望したかどと質問されたダニエル・リカルドはは「いいや、誇りに思っている。僕が成し遂げたこと、チームによってなされた重要な進歩を誇りに思っている」とコメント。

「自分はその進歩に貢献できたと信じている。自分にできる限りのことをした。2年は短かったかもしれないけど、昨シーズンは2019シーズンをスタートしたときよりもはるかに良い形で終えることができた。去るのは悲しいけど、失望はしていない」

ダニエル・リカルドのマクラーレン移籍は後退だとの意見については次のように語った。

「マクラーレンでなかったら後退だったかもしれない」とダニエル・リカルドは語った。

「このチームはスポーツにおいて特別な位置を占めている。新しい小さなチームとは異なる。豊かで成功した歴史がある。僕たちはしばしばティフォシとフェラーリについて話をするけど、マクラーレンも多くの注目を集めている」

「確かにカスタマーエンジンを使用しるけど、それ以外の点ではファクトリーチームに劣っていることはない。彼らは尊敬され、ファクトリーチームのように扱われている。僕たちに何が待ち受けているかは時間が教えてくれるけど、僕は自信を持っている」

最後に、ダニエル・リカルドは、現在の世界の状況を考えれば、2021年もF1が新型コロナウイルスによって影響を受けるシーズンになると同意する。

F1にソーシャルディスタンスと検疫は残るかと質問されたダニエル・リカルドは「そうだね。フォーミュラ1と世界でね」とコメント。

「シーズン前半は昨年と同じような感じになりそうなので、それに備える必要がある。でも、僕たちは、F1が僕たちを守り、ショーを守ることができることをわかっている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン