ダニエル・リカルド 「鈴鹿のラップはまるでジェットコースター」 / ルノー F1日本GP プレビュー
ルノーF1チームのダニエル・リカルドが、鈴鹿サーキットで開催されるF1日本GPへの意気込みを語った。

日本のような場所は他にはない。文化全体がとにかくクールでユニークだし、とても興味深い経験だ。食べ物も素晴らしいし、人々はクレイジーだ。いい意味でね。トラックはファンで満員になるけど、忠実で敬意があって、素敵なギフトや写真を持ってきてくれる。それを見るのが楽しんだ!」とダニエル・リカルドはコメント。

「鈴鹿にはいくつかオールドスクールな特性がある。それが本当に楽しい。速いし、流れがあるけど、かなり生々しいし、パンピーだ。鈴鹿のコーナーのコンビネーションが好きだ。すべてを兼ね備えた世界最高のサーキットのひとつだし、僕たちはそれを愛している。セクター1は上り坂で、左、右、左と少し蛇行している。セクター2はもう少しテクニカルで、そのあとの130Rを特徴とした最終セクターはビッグで勇敢だ。前後、上下とまるでジェットコースターのようなラップだ。その感覚が好きなんだ」

「過去2戦でポイントを獲得できなかったのは期待外れだったし、僕たちに見合った結果ではなかったと思う。僕たちには速さがあったし、もっと多くのポイントを獲るべきだった。それについてあまり深く考えるようなことはしないし、僕たちにできるのは日本に集中して、そこで確実に良い仕事をすることだけだ。4位のためにレースで結果を出していくことが重要だ。難しいことはわかっているけど、僕たちは諦めない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / ルノー / F1日本GP