F1 ダニエル・リカルド ルノーF1
ルノーF1チームのダニエル・リカルドが、2019年のF1世界選手権 第5戦 スペインGPへむけての意気込みを語った。

「スペインGPはシーズンのヨーロッパラウンドの初戦なので、一年でいつもエキサイティングな時期だ。バルセロナは楽しいし、冬季テストやインシーズンテストで僕たち全員が熟知しているサーキットだ」とダニエル・リカルドはコメント。

「僕のキャリアの中でもいつもレースを楽しんできたサーキットだ。フォーミュラ・ルノー3.5で優勝している場所だし、最近も表彰台に上がっている。金曜日からクリーンな週末を過ごして、ポイントを獲得できることを願っている」

「全てを兼ね備えたトラックだし、それがテストに適したサーキットである理由かもしれない。セクター1は流れが素晴らしい。特にターン1からターン3までのね。最終セクターは少し遅くなって、よりテクニカルだ。リアタイヤに少し厳しい部分なので、注意しなければ、かなり簡単にオーバーヒートしてしまう」

「バクーでの出来事に関してはチームに申し訳なく思ている。特に僕たちがレースで素晴らしいリズムを掴みかけていたところだったからね。そこからポジティブな部分を取り入れて、気持ちを切り替えて、またバルセロナに臨む」

「残念なことに3グリッド降格ペナルティを科せられるので理想的ではないけど、自分のミスを受け入れているし、スペインでは可能な限りベストを尽くしてそれに対処していくつもりだ。いくつかオーバーテイクを決められるかもしれないね」

関連:2019年 F1スペインGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ダニエル・リカルド | ルノー | F1スペインGP