F1 ダニエル・リチャルド
ダニエル・リカルドは、まだ2019年にどのチームで走るかは決めていないとし、レッドブル・レーシング残留についてはホンダがどれくらい進歩しているかをもう少し見極めたいと語った。

ダニエル・リカルドとレッドブルとの契約は今シーズン末で期限を迎えるが、今週末のF1オーストリアGPを控え、ダニエル・リカルドは2019年にレッドブル・ホンダで走ることを決断し、契約はまもなく発表されると報じられた。

しかし、ダニエッル・リカルドは、まだ来シーズンの去就は決定していないと明言した。

「まだ答えは持っていない。皆さんに伝えるというわけではなく、自分のなかでもね。まだ議論は進行中だ」とダニエル・リカルドは語った。

ダニエル・リカルドは、メルセデス、フェラーリ、レッドブルの上位3チームでまだ来シーズンの契約を結んでいない4人のドライバーのひとりとなっている。

メルセデスは来季もバルテリ・ボッタスが続投すると考えられているが、ダニエル・リカルドはルイス・ハミルトンの契約が発表されるまで、レッドブルと再契約を結ぶことはないと考えられている。

また、フェラーリは例年通り、キミ・ライコネンのシート喪失が噂されており、後任としてザウバーで活躍するシャルル・ルクレールを昇格させることを検討していると噂されている。

ダニエル・リカルドは「僕はまだ全てのレーシシートの椅子取りゲームがどうなるか把握していようとしているところだ」と付け加えた。

ダニエル・リカルドのレッドブル残留をさらに複雑にしているのは、チームがルノーとのパートナーシップを解消して、来季からホンダと2年間のF1パワーユニット供給契約に合意していることだ。

「状況がどうなっているか、ホンダがどれらい進歩しているかを理解することに時間を使っている」とダニエル・リカルドはコメント。

「現時点として彼らはまだそのレベルにいなし、彼らがそのレベルに到達するためにどれくらいをステップが必要か、2019年の3月までにそこにいるかを理解したい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ダニエル・リカルド