F1日本GP マシン重量
F1日本GP予選後の全マシンの重量が発表された。

予選Q3でヘイキ・コバライネンがクラッシュして赤旗が出たことで多くのマシンが走行を控えたこともあり、実際のパフォーマンスを読み取ることは難しいが、それを差し引いてもセバスチャン・ベッテルのパフォーマンスが良いのは確かだろう。

だが、3番手のルイス・ハミルトンはKERSを搭載しているため、序盤の展開に全てがかかっていると言える。

またレース後、ブラウンGP勢を含む5名のドライバーに5グリッド降格ペナルティが下された。ジェンソン・バトンの入賞は難しい状況になった。

関連:バトンを含む5名のドライバーに5グリッド降格ペナルティ

F1日本GP マシン重量

グリッドドライバーチームマシン重量予想ピットイン予選タイム
1セバスチャン・ベッテルレッドブル685.5kg17周目1分32秒160
2ヤルノ・トゥルーリトヨタ655.5kg16周目1分32秒220
3ルイス・ハミルトンマクラーレン656kg16周目1分32秒395
4エンドリアン・スーティルフォース・インディア650kg14周目1分32秒466
5ルーベンス・バリチェロブラウンGP660.5kg18周目1分32秒660
6ニック・ハイドフェルドBMWザウバー660kg18周目1分32秒945
7ジェンソン・バトンブラウンGP658.5kg17周目1分32秒962
8キミ・ライコネンフェラーリ661kg18周目1分32秒980
9ヘイキ・コバライネンマクラーレン67524周目 
10セバスチャン・ブエミトロ・ロッソ665.420周目 
11ニコ・ロズベルグウィリアムズ684.527周目 
12フェルナンド・アロンソルノー689.529周目 
13ロバート・クビサBMWザウバー68628周目 
14ティモ・グロックトヨタ   
15ハイメ・アルグエルスアリトロ・ロッソ682.526周目 
16ジャンカルロ・フィジケラフェラーリ661.518周目 
17中嶋一貴ウィリアムズ695.731周目 
18ロマン・グロージャンルノー691.830周目 
19ヴィタントニオ・リウッツィフォース・インディア682.526周目 
20マーク・ウェバーレッドブル   


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1レース結果 / F1日本GP