F1
2019年のF1バルセロナ インシーズンテストが5月15日(水)に2日目を迎え、ハースF1チームのケビン・マグヌッセンが午前中のトップタイムを記録した。

今シーズンの最後のテストチャンスとなるバルセロナテストでは、各F1チームがスペインGPに持ち込んだアップグレードを確認するとともに、次戦モナコGP、そして、残りのシーズに向けた様々なパーツやセットアップを評価している。

また、フェラーリとレーシングポイントはピレリの2020年型コンパンドのテストのために2台のマシンを走らせている。

午前中のトップタイムを記録したのはケビン・マグヌッセン。46周を走行して1分18秒101をマークした。

若手ドライバーテストの意味合いもある今回のテストでは各チームがレギュラードライバーとは異なるドライバーを起用。フェラーリのテスト担当したアントニオ・フォコがほぼレースディスタンスとなる60周を走り込んで2番手タイムをマーク。

3番手はトロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボン。4番手タイムはアルファロメオ・レーシングのキミ・ライコネンが記録。前日はカラム・アイロットのクラッシュによってマシンに大きなダメージを負ったが、2日目までに修復されて順調にテストを進めている。

3度の赤旗中断のあった午前中のセッション。

レッドブル・ホンダは日本でスーパーフォーミュラに参戦するジュニアドライバーのダニエル・ティクトゥムを起用しているが、ティクトゥムはターン10でストップして赤旗中断となった。

ウィリアムズのニコラス・ラティフィは6番手タイムを記録したが、ピット出口でストップして赤旗。メルセデスはF2ドライバーのニキータ・マゼピンを起用。午前中の終了間際にターン12でスピンを喫して赤旗中断となった。

2019年 F1バルセロナテスト 2日目 (午前)

順位ドライバーチームタイム周回
1ケビン・マグヌッセンハース1分18秒101 46
2アントニオ・フォコフェラーリ1分18秒18260
3アレクサンダー・アルボントロロッソ・ホンダ1分18秒26342
4キミ・ライコネンアルファロメオ1分18秒57847
5シャルル・ルクレールフェラーリ(ピレリ)1分18秒66673
6ニコラス・ラティフィウィリアムズ1分18秒91551
7ニキータ・マセピンメルセデス1分19秒41682
8ジャック・エイトケンルノー1分20秒64842
9オリバー・ターベイマクラーレン1分20秒71252
10ダニエル・ティクトゥムレッドブル1分20秒88345
11ニック・イェロリーレーシングポイント1分20秒09653
12セルジオ・ペレスレーシングポイント(ピレリ)1分21秒22420


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1レース結果