F1 アブダビテスト 1日目
2018年最後の公式テストとなるF1アブダビテストが11月27日(火)にヤス・マリーナー・サーキットでスタート。セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が初日のトップタイムをマークした。

2018年のF1世界選手権の最終戦の余韻も覚めぬまま、全10チームはヤス・マリーナ・サーキットに残り、2日間のピレリの2019年F1タイヤのテストを開始。快晴のコンディションのなか、現地時間午前9時から午後6時までセッションが行われた。

今回のテストでは、各チームはピレリの2018年タイヤと2019年タイヤを自由に選択して比較することができる。

初日のトップタイムを記録したのはフェラーリのセバスチャン・ベッテル。午前中にターン1でクラッシュを喫したこともあり、周回数は68周に留まったが、ピレリの2018年型のハイパーソフトタイヤで1分36秒812をマークした。

2番手タイムはメルセデスのバルテリ・ボッタス。午前中にピレリが“コンパウンド5”と名付けた2019年型で最も柔らかいタイヤでベッテルから0.419秒差となる1分37秒231をマークした。

3番手タイムはフォースインディアでの初走行となったランス・ストロールが記録。まだ2019年のドライバーとしては発表されていないストロールだが、午後からの走行で67周を走行。2018年のハイパーソフトでマックス・フェルスタッペン(レッドブル)を0.532秒上回った。午前中にはセルジオ・ペレスが走行を担当し、“コンパウンド5”で5番手タイムを記録した。

6番手タイムはランド・ノリス(マクラーレン)が“コンパウンド5”で、7番手タイムはアブダビGPのオープニングラップで大クラッシュを喫していたニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)がハイパーソフトタイヤで記録した。

ハースは、ピエトロ・フィッティパルディがF1マシンで初走行。午前中にコース上でストップし、チームはエンジンを交換。残り1時間でコースに復帰し、合計54周を走行して8番手タイムをマークした。

ウィリアムズは、午前中にジョージ・ラッセル、午後にロバート・クビサが走行を担当。クビサがラッセルを0.243秒上回って9番手タイムをマークした。

ザウバーでの初仕事となったキミ・ライコネンは、102周目を走行していた終盤にメカニカルトラブルでストップ。赤旗が提示され、セッションは15分間延長された。

トロロッソ・ホンダは、ショーン・ゲラエルがこの日最多となる150周を走破。明日はダニール・クビアトが走行を担当する。

2018年 F1アブダビテスト 初日 結果

順位NoドライバーチームベストタイムGAP周回
15セバスチャン・ベッテルフェラーリ1分36秒812 68
277バルテリ・ボッタスメルセデス1分37秒2310.419120
318ランス・ストロールフォース・インディア1分37秒4150.60356
433マックス・フェルスタッペンレッドブル1分37秒9471.135131
511セルジオ・ペレスフォース・インディア1分37秒9761.16467
647ランド・ノリスマクラーレン1分38秒1871.375135
727ニコ・ヒュルケンベルグルノー1分38秒7891.977128
851ピエトロ・フィッティパルディハース1分39秒2012.38954
963ロバート・クビサウィリアムズ1分39秒2692.45732
1063ジョージ・ラッセルウィリアムズ1分39秒5122.70042
117キミ・ライコネンザウバー1分39秒8783.066102
1238ショーン・ゲラエルトロロッソ・ホンダ1分40秒4353.263150
 
F1アブダビテスト 2日目 ドライバーラインナップ 
メルセデス: バルテリ・ボッタス
フェラーリ: シャルル・ルクレール
レッドブル: ピエール・ガスリー
ルノー: アルテム・マルケロフ
ハース: ルイ・デレトラズ
フォース・インディア: ランス・ストロール/セルジオ・ペレス
マクラーレン: カルロス・サインツ
ザウバー: アントニオ・ジョビナッツィ
トロ・ロッソ・ホンダ: ダニール・クビアト
ウィリアムズ: ロバート・クビサ/ジョージ・ラッセル

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1レース結果