アブダビグランプリ ロバート・クビサ
2017年最後の公式テストとなるF1アブダビテストが最終戦アブダビGPの舞台となったヤス・マリーナ・サーキットで2日間にわたって行われ、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が2日間のテストの最速タイムを記録してシーズンが終了した。

ピレリの2018年F1タイヤのテストとして実際されているF1アブダビテスト。ピレリは2018年から新たにスーパーハード(オレンジ)とハイパーソフト(ピンク)を追加し、合計7種類のドライコンパウンドが用意される。

マクラーレンは、F1ブラジルGP後に予定されていた2日間のテストがセキュリティ上の問題でキャンセルとなったため、今回のテストでは2台のマシンを走らせることが許可されており、1台はマーキングがされていないタイヤでピレリのブラインドテストを実施。初日はオリバー・ターベイ、2日目はランド・ノリスがそのテストを担当した。

ウィリアムズでのF1復帰が期待されているロバート・クビサは総合11番手となるタイムを記録している。

2017 F1アブダビテスト 総合タイム結果

順位Noドライバーチームベストタイムタイヤ
15セバスチャン・ベッテルフェラーリ1分37秒551ハイパーソフト
27キミ・ライコネンフェラーリ1分37秒768ハイパーソフト
33ダニエル・リカルドレッドブル1分38秒066ハイパーソフト
477バルテリ・ボッタスメルセデス1分38秒490ハイパーソフト
544ルイス・ハミルトンメルセデス1分38秒551ハイパーソフト
633マックス・フェルスタッペンレッドブル1分38秒735ハイパーソフト
719セルジオ・ペレスフォース・インディア1分38秒818スーパーソフト
831エステバン・オコンフォース・インディア1分39秒148スーパーソフト
98ロマン・グロージャンハース1分39秒270ハイパーソフト
1055カルロス・サインツルノー1分39秒444ハイパーソフト
1140ロバート・クビサウィリアムズ1分39秒485ハイパーソフト
1218ランス・ストロールウィリアムズ1分39秒580ハイパーソフト
1314フェルナンド・アロンソマクラーレン・ホンダ1分39秒762ハイパーソフト
142ストフェル・バンドーンマクラーレン・ホンダ1分39秒782ハイパーソフト
1527ニコ・ヒュルケンベルグルノー1分39秒803ハイパーソフト
1620ケビン・マグヌッセンハース1分39秒810ハイパーソフト
1741セルゲイ・シロトキンウィリアムズ1分39秒947ソフト
1835ニキータ・マゼピンフォース・インディア1分39秒959ハイパーソフト
199シャルル・ルクレールザウバー1分40秒666ハイパーソフト
2038ショーン・ゲラエルトロ・ロッソ1分41秒428ハイパーソフト
219マーカス・エリクソンザウバー1分41秒681ハイパーソフト
2228ブレンドン・ハートレートロ・ロッソ1分43秒345スーパーソフト
2310ピエール・ガスリートロ・ロッソ1分44秒827ソフト
 47ランド・ノリスマクラーレン・ホンダ1分41秒714 
 88オリバー・ターベイマクラーレン・ホンダ1分41秒941 

マリオ・イゾラ (ピレリ・カーレーシング責任者)
「我々は、チームが初めて2018年タイアを試したアブダビでの2日間の激しい作業で、25%幅の広くなったタイヤ、これまでの最速タイムを特徴とする記録を塗り替えた2017年シーズンを完了しました。各チームはテストのために20セットのタイヤを使いました。(ピレリが選択した12セット(2018年タイヤに加え、比較のための2017年タイヤを選択)、他の8セットはチーム自信によって選択)合計で23名の異なるトップドライバーが予選コンディションではなく、ロングランを実施しました。ヤス・マリーナ・サーキットの特性により、ミディアム(ホワイト)からハイハーソフト(ピンク)のコンパンドに集中したテストとなりました。全体のテストと全ドライバーが、我々に非常にポジティブなフィードバックを与えました。新しいハイパーソフト(ピンク)は、我々の当初の期待を満たしており、ウルトラソフト(パープル)よりも1秒あたり速いタイムですが、もちろん、他のトラックでも確認してみる必要があります。2018年タイヤのすべてが、チームの要求に沿い、今年よりも1段階柔らかくなっており、ハイパーソフト(ピンク)は2017年のウルトラソフトよりも2段階柔らかくなっています。2月26日から3月1日までバルセロナでお開催される1回目の公式プレシーズンテストでトラックに戻ることを楽しみにしています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1レース結果