F1
2017年のF1世界選手権 第13戦 イタリアグランプリのフリー走行2回目が1日(金)にモンツァ・サーキットで行われ、バルテリ・ボッタス(メルセデス)が最速タイムをマークした。

午後に雨が予報されていたモンツァだが、天候は晴れ。午前中よりも気温は上がり、現地時間14時に気温25.3℃、路面温度35.3℃というドライコンディションでセッションはスタートした。

全長5.793㎞のモンツァ・サーキットで開催されるF1イタリアGPは、平均時速259㎞というカレンダー最速のレース。

高速ストレートでのスピードを最大限にするために、各チームは“モンツァ仕様”の空力パッケージを持ち込み、シーズン中で最も低いダウンフォースセットアップを使用する。また、スロットル全開率はカレンダー中最大の75%とパワーユニットに厳しいサーキットとなっている。

フリー走行2回目では、残り30分となったところで2つ目のシケインの立ち上がりでカルロス・サインツ(トロ・ロッソ)のエンジンがブロー。コース脇にマシンを止めた。

また、残り10分のところでケビン・マグヌッセンがサスペンションを壊してマシンを止めている。

フリー走行2回目のトップタイムは、メルセデスのバルテリ・ボッタスが記録した1分21秒406。2番手にも0.056秒差でチームメイトのルイス・ハミルトンが続いた。

3番手にはセバスチャン・ベッテル、4番手にはキミ・ライコネンとフェラーリ勢が続いた。トップのメルセデスとベッテルとの差は0.398秒。

5番手にはマックス・フェルスタッペン、6番手にはダニエル・リカルドとレッドブル勢が続いた。二人は決勝でエンジン交換によるグリッド降格ペナルティが決定している。

マクラーレン・ホンダは、ストフェル・バンドーンが7番手、フェルナンド・アロンソが8番手とトップ3に次ぐ4番手チームの位置につけた。二人とも前戦F1ベルギーGPで使用したホンダの“スペック3.5”エンジンでセッションに挑んだ。アロンソは35グリッド降格ペナルティが決定している。

F1イタリアGP フリー走行3回目は明日2日(土)の18時(現地時間11時)から行われる。

2017 第13戦 F1イタリアGP フリー走行2回目

順位Noドライバーチームベストタイム周回
177バルテリ・ボッタスメルセデス1分21秒40625
244ルイス・ハミルトンメルセデス1分21秒46224
35セバスチャン・ベッテルフェラーリ1分21秒54633
47キミ・ライコネンフェラーリ1分21秒60434
533マックス・フェルスタッペンレッドブル1分22秒40934
63ダニエル・リカルドレッドブル1分22秒75222
72ストフェル・バンドーンマクラーレン・ホンダ1分22秒94731
814フェルナンド・アロンソマクラーレン・ホンダ1分22秒96831
931エステバン・オコンフォース・インディア1分22秒97743
1019フェリペ・マッサウィリアムズ1分22秒98542
1155カルロス・サインツトロ・ロッソ1分23秒15021
1227ニコ・ヒュルケンベルグルノー1分23秒27214
1346ジョリオン・パーマールノー1分23秒31734
1411セルジオ・ペレスフォース・インディア1分23秒35243
1518ランス・ストロールウィリアムズ1分23秒40336
168ロマン・グロージャンハース1分23秒56731
1720ケビン・マグヌッセンハース1分23秒65020
1826ダニール・クビアトトロ・ロッソ1分23秒35328
199マーカス・エリクソンザウバー1分24秒89439
2094パスカル・ウェーレインザウバー1分25秒29525


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1レース結果 | F1イタリアGP