F1レース結果の2016年04月のF1情報を一覧表示します。

F1ロシアGP 予選:ニコ・ロズベルグが2戦連続ポールポジション

2016年4月30日
F1 2016 ロシアGP 予選 結果
F1ロシアGPの予選が30日(土)、ソチ・オートドロームで行われた。

ポールポジションは、前戦に続いてメルセデスのニコ・ロズベルグが獲得。2番手にはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、3番手にはバルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)が続いた。ただし、ベッテルはギアボックス交換により5グリッド降格が決まっている。

F1ロシアGP フリー走行3回目:ルイス・ハミルトンがトップタイム

2016年4月30日
F1 2016 ロシアGP フリー走行3回目
2016 F1ロシアGPのフリー走行3回目が30日(土)、ソチ・オートドロームで行われた。

土曜日のソチは曇り空。各マシンが予選とレースにむけてマシンを仕上げていった。

フリー走行3回目のトップタイムを記録したのはメルセデスのルイス・ハミルトン。2番手には0.068秒差でニコ・ロズベルグが続いた。3番手にはセバスチャン・ベッテル、4番手にはキミ・ライコネンとフェラーリ勢が続いた。

F1ロシアGP フリー走行2回目:ルイス・ハミルトンがトップタイム

2016年4月29日
F1 2016 ロシアGP フリー走行2回目 速報
2016 F1ロシアGPのフリー走行2回目が29日(金)、ソチ・オートドロームで行われた。

フリー走行2回目のトップタイムは、ルイス・ハミルトン(メルセデス)の1分37秒583。2番手タイムはセバスチャン・ベッテル(フェラーリが記録したが、ベッテルは電気系のトラブルでストップし、10周の走行に留まった。3番手にはニコ・ロズベルグ(メルセデス)が続いた。

F1ロシアGP フリー走行1回目:ニコ・ロズベルグがトップタイム

2016年4月29日
F1 ロシアGP フリー走行1回目 速報
2016 F1ロシアGPのフリー走行1回目が29日(金)、ソチ・オートドロームで行われた。

インスタレーションラップでは、レッドブルのダニエル・リカルドが、コックピット保護デバイス“エアロスクリーン”をテストして話題となったF1ロシアGPのフリー走行。

トップタイムは、メルセデスのニコ・ロズベルグの1分38秒127。2番手には0.722秒差でルイス・ハミルトンが続いた。3番手タイムはトップから1.205秒差でキミ・ライコネン(フェラーリ)が記録した。

F1中国GP 結果:ニコ・ロズベルグが開幕3連勝!

2016年4月17日
F1 2016 中国GP 結果 速報
F1中国GPの決勝レースが17日(日)、上海インターナショナル・サーキットで行われた。

日曜日の上海は晴れ。レースは、オープニングラップでのフェラーリ同士を含めて接触が多発。その後、デブリを除去するためにセーフティカーが導入され、多様なタイヤ戦略によって目まぐるしく順位が変わる展開となった。

F1中国GP 予選:ニコ・ロズベルグがポールポジション

2016年4月16日
F1 2016 中国GP 予選 結果 速報
2016 F1中国GPの予選が16日(土)、上海インターナショナル・サーキットで行われた。

開幕2戦で採用された一定時間毎にリアルタイムで最下位ドライバーが脱落する新予選ルールは廃止となり、今回のF1中国GPから2015年までの予選フォーマットに戻されてセッションが行われた。

午前中は雨が降った上海だが、予選までに雨は止み、路面には所々にウェットパッチはあるものの、各ドライバーはドライタイヤでアタックを行った。

F1中国GP フリー走行3回目:セバスチャン・ベッテルがトップタイム

2016年4月16日
F1 2016 中国 速報
2016 F1中国GPのフリー走行3回目が16日(土)、上海インターナショナル・サーキットで行われた。

上海の土曜日は雨。セッションはウェットコンディションで行われた。決勝レースは晴れの予報となっていることもあり、多くのドライバーがタイムを記録せずにセッションを終えている。

フリー走行3回目のトップタイムは、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が記録。

F1中国GP フリー走行2回目:キミ・ライコネンがトップタイム

2016年4月15日
2016 F1 中国 速報 フリー走行2回目
2016 F1中国GPのフリー走行2回目が15日(金)、上海インターナショナル・サーキットで行われた。

フリー走行2回目のトップタイムを記録したのはフェラーリのキミ・ライコネン。2番手にもセバスチャン・ベッテルが続き、フェラーリが1-2体制で初日のセッッションを終えた。3番手にはニコ・ロズベルグ、4番手にはルイス・ハミルトンとメルセデス勢が続いた。

F1中国GP フリー走行1回目:ニコ・ロズベルグがトップタイム

2016年4月15日
2016 F1中国GP 速報
2016 F1中国GPのフリー走行1回目が15日(金)、上海インターナショナル・サーキットで行われた。

上海インターナショナルサーキットは、長いストレートと高速コーナー、さらにはタイヤに厳しい路面が待ち受ける手強いコース。セッションは、フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)とケビン・マグヌッセン(ルノー)の左リアタイヤにトラブルが発生し、赤旗中断が入った。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム