F1レース結果の2015年03月のF1情報を一覧表示します。

F1 マレーシアGP 決勝:ドライバーコメント

2015年3月29日
F1 マレーシアGP 決勝

2015 FORMULA 1 PETRONAS MALAYSIA GRAND PRIX

F1マレーシアGP 結果:セバスチャン・ベッテルが優勝!

2015年3月29日
F1マレーシアGP 結果
2015年 第2戦 F1マレーシアGPの決勝レースが29日(日)、セパン・インターナショナル・サーキットで行われた。

優勝は、2番グリッドからスタートしたセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)。スタートで前に出ることはできなかったセバスチャン・ベッテルだが、巧みなタイヤ使いでトップに立ったベッテルは首位を独走。フェラーリ移籍後2戦目で見事に優勝を成し遂げた。

F1 マレーシアGP 予選:ドライバーコメント

2015年3月28日
F1 マレーシアGP 予選

2015 FORMULA 1 PETRONAS MALAYSIA GRAND PRIX

F1マレーシアGP 予選:ルイス・ハミルトンがポールポジション

2015年3月28日
F1マレーシアGP 予選
F1マレーシアGPの予選が28日(土)、セパン・インターナショナル・サーキットで行われた。

雨雲に覆われたセパンで開始された予選セッション。そして、Q2途中に強烈なスコールと雷がサーキットを襲い、1回目のタイムアタックをうまく終えたドライバーがQ3に進むことになった。Q3は路面コンディションの回復を待って延期された。

F1マレーシアGP フリー走行3回目:ニコ:ロズベルグがトップタイム

2015年3月28日
F1マレーシアGP フリー走行3回目
F1マレーシアGPのフリー走行3回目が28日(土)、セパン・インターナショナル・サーキットで行われた。

フリー走行3回目のトップタイムを記録したのはメルセデスのニコ・ロズベルグ。2番手にもルイス・ハミルトンが続き、メルセデスが強さをみせている。

3番手にはキミ・ライコネン、4番手にはセバスチャン・ベッテルとフェラーリ勢が続いた。

F1マレーシアGP フリー走行2回目:ルイス・ハミルトンがトップタイム

2015年3月27日
F1マレーシアGP フリー走行2回目
F1マレーシアGPのフリー走行2回目が27日(金)、セパン・インターナショナル・サーキットで行われた。

フリー走行2回目のトップタイムを記録したのは、メルセデスのルイス・ハミルトン(1分39秒790)。

2番手にはキミ・ライコネン(フェラーリ)が割って入り、3番手にはニコ・ロズベルグが続いた。

F1マレーシアGP フリー走行1回目:ニコ・ロズベルグがトップタイム

2015年3月27日
F1マレーシアGP フリー走行1回目
F1マレーシアGPのフリー走行1回目が27日(金)、セパン・インターナショナル・サーキットで行われた。

開幕戦から2週間。2015年のF1グランプリ第2戦が幕を開けた。フリー走行1回目では、プレシーズンテストのクラッシュで開幕戦を欠場したフェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)、背中の負傷でレースに出場できなかったバルテリ・ボルテリ(ウィリアムズ)が復帰した。

F1 オーストラリアGP 決勝:ドライバーコメント

2015年3月15日
F1 オーストラリアGP 決勝

2015 FORMULA 1 ROLEX AUSTRALIAN GRAND PRIX

F1オーストラリアGP 結果:ルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウィン!

2015年3月15日
F1オーストラリアGP 結果
2015年 開幕戦 F1オーストラリアGPの決勝レースが15日(日)、メルボルンのアルバート・パーク・サーキットで行われた。

決勝レースは、バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)が負傷、ケビン・マグヌッセン(マクラーレン・ホンダ)とダニール・クビアト(レッドブル)がマシントラブルでスタートできず、15台で争われた。また、スタートでは、1コーナー後の接触でパストール・マルドナド(ロータス)がクラッシュし、1周目からセーフティカーが導入される波乱の幕開けとなった。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム