F1レース結果の2014年11月のF1情報を一覧表示します。

F1アブダビテスト2日目:パスカル・ウェーレインがトップタイム

2014年11月27日
2014 F1 アブダビテスト
F1アブダビテストが26日(水)、ヤス・マリーナ・サーキットで行われ、パスカル・ウェーレイン(メルセデス)がトップタイムを記録した。

メルセデスのリザーブドライバーを務めるパスカル・ウェーレインは、午前中にトップタイムとなる1分44秒557を記録。午後もタイムを更新し続け、最終的に1分42秒624までタイムを縮めた。

F1アブダビテスト初日:バルテリ・ボッタスがトップタイム

2014年11月25日
2014 F1 アブダビテスト
F1アブダビテストが25日(火)、ヤス・マリーナ・サーキットで行われ、バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)がトップタイムを記録した。

午前中に1分43秒884でトップタイムを記録したバルテリ・ボッタスは、残り15分でさらに1分43秒396までタイムを縮めた。

2番手にはキミ・ライコネン(フェラーリ)が続いた。フェラーリのガレージには、2015年からドライバーを務めるセバスチャン・ベッテルが姿をみせた。

F1 アブダビGP 決勝:ドライバーコメント

2014年11月24日
F1 アブダビGP 決勝
2014 FORMULA 1 ETIHAD AIRWAYS ABU DHABI GRAND PRIX

F1アブダビGP 結果:ルイス・ハミルトンが優勝でタイトル獲得!

2014年11月23日
F1アブダビGP 結果
F1アブダビGPの決勝レースが23日(日)、ヤス・マリーナ・サーキットで行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が優勝。2014年のF1ワールドチャンピオンを獲得した。

2番グリッドからスタートしたルイス・ハミルトンは、素晴らしいスタートで首位に浮上。その後はレースを支配し、優勝で自身2度目となるF1ドライバーズタイトルを決めた。

F1 アブダビGP 予選:ドライバーコメント

2014年11月23日
F1 アブダビGP 予選
2014 FORMULA 1 ETIHAD AIRWAYS ABU DHABI GRAND PRIX

F1アブダビGP 予選:ニコ・ロズベルグがポールポジション

2014年11月22日
F1アブダビGP 予選
F1アブダビGPの予選が22日(土)、ヤス・マリーナ・サーキットで開催され、ニコ・ロズベルグがポールポジションを獲得した。

F1アブダビGPではケータハムが復帰したため、Q1で5台、Q2で5台がノックアウトする形式で行われた。

ポールポジションを獲得したのはメルセデスのニコ・ロズベルグ。前戦に続き今季11回目のポールポジションを獲得し、逆転タイトル獲得にむけて望みを繋いだ。

F1アブダビGP フリー走行3回目:ニコ・ロズベルグがトップタイム

2014年11月22日
F1アブダビGP フリー走行3回目
F1アブダビGP フリー走行3回目が22日(土)、ヤス・マリーナ・サーキットで行われた。

フリー走行3回目のトップタイムを記録したのは、メルセデスのニコ・ロズベルグ。2番手にはタイトルを争うチームメイトのルイス・ハミルトンが続いた。3番手タイムはフェリペ・マッサ(ウィリアムズ)が記録した。

小林可夢偉(ケータハム)は、19番手タイムでセッションを終えた。

F1アブダビGP フリー走行2回目:ルイス・ハミルトンがトップタイム

2014年11月21日
F1アブダビGP フリー走行2回目
F1アブダビGPのフリー走行2回目が21日(金)、ヤス・マリーナ・サーキットで行われた。

トワイライトレースとして開催されるアブダビGP。フリー走行2回目は、決勝レースと同じ現地時間17時からスタートし、夕暮れから完全に照明だけに移りゆくなかでセッションは行われた。

フリー走行2回目のトップタイムは、1回目に続いてルイス・ハミルトンが記録。2番手にもニコ・ロズベルグが100分の8秒差で続いた。

F1アブダビGP フリー走行1回目:ルイス・ハミルトンがトップタイム

2014年11月21日
F1アブダビGP フリー走行1回目
2014年 第19戦 F1アブダビGPのフリー走行1回目が21日(金)、ヤス・マリーナ・サーキットで行われた。

2014年のF1もいよいよ最終戦。ルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグによるワールドチャンピオン争いに決着がつく。

また、アブダビではケータハムがレース復帰し、小林可夢偉が参戦。最終戦は10チーム、20台で争われる。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム